地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2020年03月31日掲載

特別展「土浦城―時代を超えた継承の軌跡」

土浦市立博物館で、5月6日まで開催中

土屋家の先祖とされる土屋昌続(右衛門尉)が描かれた先祖武田二十四将図(中央)
土屋家の先祖とされる土屋昌続(右衛門尉)が描かれた先祖武田二十四将図(中央)

土浦城の歴史を振り返る特別展が、5月6日(振休)まで土浦市立博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

江戸時代に城郭として本格的な整備が行われ、9万5000石を治めた土屋氏の居城として知られる土浦城。若泉氏や小田氏治の家臣の菅谷氏などの史料と共に城の黎明期の在り様を掘り起こし、霞ケ浦や湿地帯に囲まれた城の姿を今に伝える「常州土浦城図」(県指定文化財)は2メートル四方と巨大で「全国の城の軍事機能を把握するため幕府が諸大名に提出させたもの」と同館学芸員の西口正隆さん。

また、土手や大手門の水回りの修復願い「老中奉書」や幕末に外丸御殿建て替えの際の棟札、戦後のキティ台風で倒れた西櫓から出土した瓦や鯱瓦なども展示されている。

「城を伝える」のコーナーでは、63歳で藩に登用された農政学者・長島尉信の資料を公開。独自に収集した記録や測量を基に、当時城下で広まっていた「平将門築城説」を一蹴したり土地不足を克服してきた城の歴史を解析し「身分を問わず解決に尽力すべき」と提言している。

近代に入り各地の城が陸軍の管理下に置かれ廃城となる中、土浦城址を新治県庁の庁舎として継続使用できるよう大蔵大臣井上馨が陸軍大臣山県有朋に宛てた文書や明治17年に焼失した本丸御殿や鐘楼も写る貴重な写真なども展示し、土浦城が現代に残る足跡をたどる。

また、街中に残る土浦城の名残を土浦市文化財愛護の会写真部会が写した写真展も同時開催中。入館料一般105円、小中高生50円。

■問い合わせ
029(824)2928/同館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2020-03-31 09:30:53 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-05-29更新 ]
  1. 利根町の寝具縫製工場「センショウ」が、ガーゼマスクの製造販売を開始した。
  2. 「まっくら観音」として知られる勝福寺(河内町)が、手づくり布マスクを5月23日(土)と30日(土)午前9時から同寺駐車場で無料配布する。
  3. 新型コロナウイルスの影響により在宅期間が長くなっているこの機会を、普段なかなか手入れが行き届かない場所を掃除する時間に当ててみませんか。家庭の掃除や片付けに詳しい山口かなさんにポイントを聞きました。
  4. 新日本補聴器センター土浦店では、6月の補聴器月間に合わせた「聞こえの相談会」を6月30日(火)まで開催している。
  5. ジャック・ニクラスゴルフセンターつくばが、第166期スクール生を募集している。
  6. 守谷市では、市内の小中学生と制作した「イメージ画」データの供用をこのほど開始。自由に活用することで市民一人ひとりが市のプロモーションに一役買ってもらい、広報紙やチラシなどさまざまなPR活動にも役立てていく。
  7. みほーすと一緒に、運動不足を解消しよう―。新型コロナウイルスによる外出自粛要請が長引く中、美浦村では日常生活の中でできる「巣ごもり体操」の動画をこのほど制作。村HP内で公開している。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP