2020年2月25日(火)

3月1日まで、土浦で「はたおり」作品展

農閑期の手仕事を再現

Loading...
バッグなどの展示品
バッグなどの展示品

かつて土浦周辺の農家が農閑期に行っていた「はたおり」を再現した作品展が、2月22日(土)〜3月1日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

展示しているのは令和元年度の「はたごしらえ」講座受講生が半年かけて仕上げた作品や、はたおり伝承グループ「綿の実」の手紡ぎ作品や昔ながらの機織り機などを使って織った作務衣、もんぺなど。期間中は綿切りろくろを使って種と繊維をより分ける無料体験のほか、裂いた古布を横糸に再利用するはたおり体験(材料費200円、水〜金曜午前9時半〜11時半、土〜月曜午前9時半〜午後2時半)も行われる。

入館料大人105円、小中高生50円。月曜休館。

■申し込み・問い合わせ
Tel 029(824)2928/土浦市立博物館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2020-02-25 08:30:09]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング