地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2020年02月20日掲載

篤農家「中島以政」展

農村の経済的独立に尽力


かすみがうら市志筑出身で郷土の農業振興に力を注いだ中島以政(いせい)の業績を振り返る特別展が、3月8日(日)までかすみがうら市歴史博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

江戸期に下志筑村の名主となった中島家は、農業の傍ら背後の山林を背景に薪炭生産業で財を成し、領主の本堂家を中心に近隣の諸大名に御用金を上納。名主の川俣家から婿養子に迎えられ幕末に当主となった以政は、大政奉還後本堂家の立場を有利にするため同じ郡奉行の兵頭雷太郎と京都へ赴き新政府側への参加出兵を請願、会津戦争にも参加した。

維新後は本格的な農業振興に注力。米の収量を増やすため稲の品種を選び、均等な発芽を促す「苗代ナラシ板」を普及させた。志筑地域の土質と気候を考慮した肥料の配合法や種もみの水選法(効率の良い発芽方法)を考案するなどし、「篤農家」として地域住民からたたえられた。

展示では京都探索の日誌や雷太郎の甲冑(かっちゅう)=写真=のほか、楠正成の墓碑の拓本や福沢諭吉に送った手紙の写しなどを展示。「明治に入り県議や志筑村長として活躍した以政は、公に尽くす志士の精神を受け継ぎつつ、『個人の独立』という新しい時代の思想を取り入れた。多くの旧家が地主化を進める中で、真に地域のための農業経営に徹した以政の業績を知ってほしい」と同館学芸員の千葉隆司さん。

入館料一般220円、小中生110円。

■問い合わせ
029(896)0017/同館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2020-02-20 08:30:42 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-04-02更新 ]
  1. 天照大神の御神像に御更衣を行う春季神御衣祭が、4月11日(土)午後1時からつくば市臼井の六所皇大神宮霊跡地で行われる。
  2. 筑波山麓に建つかやぶき小屋で開くお花見イベントが4月5日(日)に開かれるのに合わせ、主催する筑波山麓グリーン・ツーリズム推進協議会では参加者を募集している。
  3. キックボクシングチャンピオンの岡田清治さんが指導する「キックボクシング岡田道場」のキッズクラスが、4月3日(金)開講する。
  4. オークラフロンティアホテルつくば 本館が、リブランドにより「ホテル日航つくば」として4月1日(水)にオープンするのに合わせ、4月30日(木)まで館内レストランで特別イベントが開かれる。
  5. 「土浦の写真コンテスト」の入選・入賞作品を集めた展示が、5月12日(火)まで土浦まちかど蔵(同市中央)で開かれている。
  6. 土浦城の歴史を振り返る特別展が、5月6日(振休)まで土浦市立博物館で開かれている。
  7. 阿見町に拠点を置く団体「秋山舞の会」を率いる秋山和美さんは、51歳で踊りに出合い、子や孫の世代と汗を流す日々を楽しんでいる。「引退」の文字が頭をよぎったこともあるが、周囲の支えもあって活動再開。華やかでパワフルなステージに向けて、熱血指導は続く。
  8. 栗どら・梅どらで知られる志ち乃の「月替わりどら」が、好評を得ている。
  9. アニメ「妖怪人間ベム」「昆虫物語みなしごハッチ」とコラボレーションした龍ケ崎市のイメージアップポスターがこのほど完成し、JR龍ケ崎市駅などに掲示されている。
  10. ノーブルホームの「まちかど展示場」が土浦市並木5丁目に完成し、3月28日(土)と29日(日)に見学会を実施する。
Ads by Google

四川飯店アルファ

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP