印刷表示
Joyoliving News : 2020年01月07日掲載

「たいけん美じゅつ場」

取手駅ビルにオープン

地元作家49人が手掛けた大小のアート作品がそろうオープン記念の展示「とりで美術の今」
地元作家49人が手掛けた大小のアート作品がそろうオープン記念の展示「とりで美術の今」

市民ギャラリーや東京芸術大学卒業生作品の公開スペースなどを備えた複合文化交流施設「たいけん美じゅつ場 VIVA(ビバ)」がこのほど、取手駅ビルにオープンした。

取手市、同大、JR東日本東京支社、駅ビル運営のアトレの4者連携で整備し、ボックスヒル取手の4階全体約2260平方メートルを改装した。

同大の所蔵作品を展示する「東京芸大オープンアーカイブ」では、同大が買い上げた卒業生作品を公開。

駅前から移転した市の「とりでアートギャラリー」では、オープン記念として市内を拠点とする作家による作品展「とりで美術の今」を1月12日(日)まで実施している(12月31日(火)〜1月2日(木)休み)。

このほか旅とアートをテーマにした書籍を閲覧できる「大人の休日倶楽部ライブラリー」や工作室・広場などを備え、ワークショップやセミナーも開かれる予定。

今後は自主企画や交流の担い手となる「アート・コミュニケータ」を高校生以上に公募する。

オープン前日に開かれたセレモニーでは藤井信吾市長や同大の澤和樹学長らがテープカットし関係者が施設を見学。市内のアーティスト男性(40)は「アートギャラリーはすごくきれいで落ち着いた空間。駅ビルなので人も多く、休憩がてら気軽に作品を見られるのはいいですね」と話した。

記事配信 [ 2020-01-07 08:30:55 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-04-07更新 ]
  1. 新型コロナウイルスの影響によりマスクが品薄となる中、常総市内の就労継続支援A型事業所「インクル・ベース」の利用者が廃棄Tシャツを再利用した布製マスクを考案し、市民らに好評を得ている。
  2. 富国強兵が叫ばれた明治時代、外貨獲得を目的に国策として全国に広まった養蚕。つくば市在住で社会学博士の沢辺満智子さんは養蚕業の女性労働における「身体技術と近代科学の融合」に着目。国家イデオロギーと民俗的想像力のせめぎ合いの中で、世界を席巻したジャパンシルクを担った労働者の「内面」に迫った本『養蚕と蚕神』(慶應義塾大学出版会)をこのほど上梓した。
  3. 水郷つくば農業協同組合が、このほど地元産米を使用した非常食「備食ライス」を新発売した。
  4. 筑波山麓に建つかやぶき小屋で開くお花見イベントが4月5日(日)に開かれるのに合わせ、主催する筑波山麓グリーン・ツーリズム推進協議会では参加者を募集している。
  5. 天照大神の御神像に御更衣を行う春季神御衣祭が、4月11日(土)午後1時からつくば市臼井の六所皇大神宮霊跡地で行われる。
  6. オークラフロンティアホテルつくば 本館が、リブランドにより「ホテル日航つくば」として4月1日(水)にオープンするのに合わせ、4月30日(木)まで館内レストランで特別イベントが開かれる。
  7. キックボクシングチャンピオンの岡田清治さんが指導する「キックボクシング岡田道場」のキッズクラスが、4月3日(金)開講する。
  8. カスミグループでは、地域住民の夢やアイデア、文化発信などを応援する「わたしの企画 応援します!」の企画を募集している。
  9. 「土浦の写真コンテスト」の入選・入賞作品を集めた展示が、5月12日(火)まで土浦まちかど蔵(同市中央)で開かれている。
  10. 阿見町に拠点を置く団体「秋山舞の会」を率いる秋山和美さんは、51歳で踊りに出合い、子や孫の世代と汗を流す日々を楽しんでいる。「引退」の文字が頭をよぎったこともあるが、周囲の支えもあって活動再開。華やかでパワフルなステージに向けて、熱血指導は続く。
Ads by Google

四川飯店アルファ

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP