印刷表示
Joyoliving News : 2020年01月07日掲載

「たいけん美じゅつ場」

取手駅ビルにオープン

地元作家49人が手掛けた大小のアート作品がそろうオープン記念の展示「とりで美術の今」
地元作家49人が手掛けた大小のアート作品がそろうオープン記念の展示「とりで美術の今」

市民ギャラリーや東京芸術大学卒業生作品の公開スペースなどを備えた複合文化交流施設「たいけん美じゅつ場 VIVA(ビバ)」がこのほど、取手駅ビルにオープンした。

取手市、同大、JR東日本東京支社、駅ビル運営のアトレの4者連携で整備し、ボックスヒル取手の4階全体約2260平方メートルを改装した。

同大の所蔵作品を展示する「東京芸大オープンアーカイブ」では、同大が買い上げた卒業生作品を公開。

駅前から移転した市の「とりでアートギャラリー」では、オープン記念として市内を拠点とする作家による作品展「とりで美術の今」を1月12日(日)まで実施している(12月31日(火)〜1月2日(木)休み)。

このほか旅とアートをテーマにした書籍を閲覧できる「大人の休日倶楽部ライブラリー」や工作室・広場などを備え、ワークショップやセミナーも開かれる予定。

今後は自主企画や交流の担い手となる「アート・コミュニケータ」を高校生以上に公募する。

オープン前日に開かれたセレモニーでは藤井信吾市長や同大の澤和樹学長らがテープカットし関係者が施設を見学。市内のアーティスト男性(40)は「アートギャラリーはすごくきれいで落ち着いた空間。駅ビルなので人も多く、休憩がてら気軽に作品を見られるのはいいですね」と話した。

記事配信 [ 2020-01-07 08:30:55 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-02-23更新 ]
  1. 幼いころからダンスに魅了され、大学卒業後向かったアメリカで奥深い表現を学んだ山口悠起子さん。高校の体育講師を経て、現在務めるのは茨城アストロプラネッツのダンスチーム・べガス率いるディレクター。「地域貢献に力を入れる球団を支えたい」という思いを胸に、精力的に活動を続けている。
  2. 飯村畜産直営店iimurayaでは、筑波山麓で育つA5ランクの最高級黒毛和牛「飯村牛」の人気総菜を詰め込んだ特選牛づくし弁当が好評。
  3. ミルリトンでは、旬の素材を使った人気の「プレートランチ」をはじめ、土・日も注文できる各種ランチメニューが好評。
  4. 健康について楽しく学ぶイベントが、2月22日(土)取手ウェルネスプラザで開かれる。
  5. 西洋料理エスコフィエでは、昭和38年の創業以来継ぎ足し続けてきたデミグラスソースが決め手の「ハンバーグ」が味わえる。
  6. シンガーソングライター山崎まさよしのコンサートが、3月1日(日)龍ケ崎市文化会館で開かれる。
  7. 北海道産小麦100%の無添加生地で作るパンが自慢の「ひこいち堂」では、食べ応えがある総菜パンが人気を集めている。
  8. かすみがうら市西野寺にある胎安神社の「春の祈願祭」が、3月1日(日)に開かれる。
  9. 天然木に囲まれた空間で鮮度抜群のすしと魚料理が味わえる居食家しみずでダントツの人気を誇るのが、選べる「日替りランチ」。
  10. かすみがうら市志筑出身で郷土の農業振興に力を注いだ中島以政の業績を振り返る特別展が、3月8日(日)までかすみがうら市歴史博物館で開かれている。
Ads by Google

グルメムック「この店とまれ」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP