茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > 本に新たな「命」吹き込みたい
2019年11月25日(月)

本に新たな「命」吹き込みたい

牛久 図書修理の会

牛久市内にある図書館の所蔵本を修復するボランティア「図書修理の会」が、息の長い活動を続けている。60~80代の11人が週1回集まり、手作業で毎回30冊ほどを再生。経年劣化や過失などで傷んだ本に新たな命を吹き込み、利用者が読書を楽しむ一助となっている。


「図書修理の会」の三村さん(前列左)、伊藤さん(中央)ら。作業の合間、ひと息つく「お茶の時間」も楽しい=13日、牛久市柏田町の市立中央図書館

今月中旬、牛久市立中央図書館の一室。「ページはずれ」「破れ」など図書館員によるメモ書きの付いた多くの本に、図書修理の会の8人が向き合っていた。

まずは1冊ずつ状態を確認。時には「どう進めるのがいいでしょうね」と相談し合うなど和やかな雰囲気の中で作業は始まる。慎重に竹串でボンドを塗ったり、専用テープで補強したりなど個々人がこつこつと手を動かしていく。

全体の造りや紙質、中身をとじる際の方法や使用素材を含め、本の仕様はさまざま。壊れ具合も状態も同じものはない。

生まれ変わる喜び


カッターや定規、ボンドや家庭用アイロンなど修理用のさまざまな道具や資材が並ぶ一室で作業=同

会の母体は1990年発足の牛久製本同好会。当初は製本知識が豊富な山川輝男さん(88)を講師に手作りを楽しみ、次第に図書館本の修理にも携わるようになった。

現在は11人で活動。多くの子どもたちに読まれ傷んだ図鑑や絵本を手に取るたびに「ワクワクして開く光景が目に浮かぶよう」と頬を緩める三村佳子さん(79)は、出版社や図書室で働いた経験がある生粋の活字好き。定年後から本格的に修理ボランティアに加わり、ベテランとなった今も毎回気を引き締めて作業。直し漏れがないか1ページずつ丁寧に最終確認を行っている。「皆から愛される本は何度もここに戻ってくることがあります。修理を終え、また誰かに気持ち良く読んでもらえるのはうれしい」と三村さん。

出版関連の仕事を経て手作業での製本に興味を持ち、70代半ばから活動に加わった伊藤徳郎さん(89)は、最初は「千差万別」の修理作業に戸惑った。5~6年ほどは、修理する本と厚みや造りなどの似た新品を自費で購入し構造を研究。同様に壊れた状態にして元通りにする方法を試行錯誤するなどして経験を積んだほか、先輩たちの指導や書物からも知識と技術を習得してきた。

「マニュアルのようなものがあったらいいな」との会員の声をきっかけに今年6月、修理の方法やこつをまとめた本を手作り。同図書館に寄贈し、希望する仲間にも配布している。パソコンなどの普及やペーパーレス化も叫ばれる中、伊藤さんは「本を保存していく技術は必要なもの。そしてこれからの書籍のあり方を見届けたい」と前を見据える。

「本のドクター」活躍


表紙と中身が取り外された修理中の児童書。この後、さまざまな工程が待つ

同図書館では2018年度、運営事業をサポートするNPOが年間2756冊を修理したほか司書も作業を担当。図書修理の会は学校図書室の本を含めて1058冊を手掛けた。

「会の皆さんは、いわば本のドクター。本に新たな命を吹き込んでくれてありがたい」と関達彦館長。18年度には全国表彰となる「読書推進運動協議会長賞」を受賞した同会。現在は図書館が除籍本を提供する「リサイクル本」の準備などにも協力。

「脳の活性化」や趣味の談笑など、やりがいも楽しみもさまざまな会員の最大の共通項は本好きなこと。多様な本と仲間に囲まれながら、三村さんは「これからも長く活動を続けていきたい」と話している。

関連コンテンツ
Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」
最新の一面記事
  1. われ、「究極」の求道者
  2. もう「神風」には頼らない
  3. 鼻息荒く、さりげなく
  4. 83歳で現代童画展「新人賞」受賞
  5. 同期が築いた「宝」守る
注目の記事
  1. 染谷家具守谷店が、家具をテーマにした第3回「家具川柳」を募集している。
  2. 宝篋山の登山客やりんりんロードを走るサイクリストが気軽に立ち寄れる小さな街の駅「TAMARIBAR」が、このほどつくば市小田に誕生した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 1〜2月、グッドリビングが家づくりイベント実施
  2. 「かすみがうにゃ」LINEスタンプ発売中
  3. 育成から「飛躍」誓う
  4. われ、「究極」の求道者
  5. 茨城県おしごと相談会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング