茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年10月) > 土浦一高美術部OB同窓展
地図表示 印刷表示
2019年10月21日(月)

土浦一高美術部OB同窓展

アートがつなぐ

「現役の美術部とのコラボもしてみたい」とメンバー=9月26日、土浦市内
「現役の美術部とのコラボもしてみたい」とメンバー=9月26日、土浦市内

土浦一高美術部OBによる展覧会が、10月23日(水)〜27日(日)まで土浦市民ギャラリーで開かれる。午前10時〜午後6時(最終日4時まで)。入場無料。

昨年、同校OBが二人展を行ったのをきっかけに、足を運んだ元美術部員らが意気投合。卒業後、彫刻家や画家、絵画教室主宰など芸術の世界に身を置いたメンバーを含めさまざまな道に進んだ10人が、これまで制作してきた作品約30点を展示する。

「絵が結んでくれた縁で、今回展示に参加することができた」と話す堀内噎子(えつこ)さん(81)は、卒業後医学系の大学に進み一般企業に就職。絵画教室に通い趣味として絵を描き続け、今展は母校の旧本館を描いた日本画を展示する。

■問い合わせ
Tel 090(2331)1473/安東さん

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-10-21 09:30:44 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-11-18更新 ]
  1. 相続や贈与などで土地を取得した人向けの「相続税対策セミナー」が、11月24日(日)常陽リビング社で開かれる。
  2. 今春、かすみがうら市が運用を開始した婚活サポートセンターが登録者に好評を得ている。行政による“仲人業”を9年前に導入した常陸太田市の例を参考に、専門の婚活サポーターが親身なマッチングや交際後の見守りを実施。結婚を自己責任ではなく「地域の課題」として捉え直す取り組みに注目が集まっている。
  3. 幅広い世代が楽しめる秋季恒例イベント「フェスティバル神立」が、11月17日(日)神立小学校校庭を会場に開かれる。
  4. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
  5. 「守谷市ふくしまつり」が、11月16日(土)同市役所で開かれる。
  6. みずほの村市場牛久店の開店9周年記念イベント「みずほ牛久の村祭り」が、11月16日(土)と17日(日)に開かれる。
  7. 自転車関連の催しを集めた「霞ケ浦サイクルフェスティバル」が、11月17日(日)土浦市の川口運動公園で開かれる。
  8. 約24.5万球のLEDライトによる華やかな冬のアート「水郷桜イルミネーション」の点灯式が、11月16日(土)午後5時から土浦市霞ケ浦総合公園オランダ型風車前広場で開かれる。
  9. JA全農いばらき直営農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店で、11月16日(土)と17日(日)「れんこん祭」が開かれる。
  10. 新鮮野菜などを安価で販売する「菜楽園直売所」(土浦市)の収穫祭が、11月17日(日)開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 相続や贈与などで土地を取得した人向けの「相続税対策セミナー」が、11月24日(日)常陽リビング社で開かれる。
  2. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. かすみがうら市“仲人業”登録者に好評
  2. 学ぼう、他では聞けない「新時代、相続税対策セミナー」
  3. 「れんこん祭」
  4. 「わたしの手」テーマに高齢者アート体験
  5. 11月17日「フェスティバル神立」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー