印刷表示
Joyoliving News : 2019年10月16日掲載

「自分の力」で宇宙を覗こう

10月27日、小田城跡で星空観察会

望遠鏡の制作風景(同会提供)
望遠鏡の制作風景(同会提供)

自作の天体望遠鏡で秋の星座を観察する催しが、10月27日(日)つくば市の国指定史跡「小田城跡」で開かれる。

主催の「街ネタものづくり教室」は、代表の須能恵さんがものづくりや天体観測に造詣の深い仲間と結成。国内の製造業が衰退し、スマートフォンのアプリなど便利なツールが普及する中で「道具や機械がどんな仕組みでできているかに疑問を持ってほしい」と昨年、親子向けに竹を使った水鉄砲作りや望遠鏡づくりを企画した。

当日は、望遠鏡制作ワークショップと天体観測会の2部構成(どちらか一つでも参加可)。望遠鏡制作(20日(日)締め切り)は古民家「花の幹」で午後1時〜4時。参加費大人1480円、子ども980円、材料費1台4480円。

また、同4時40分からの星空観察会(25日(金)締め切り)では場所を小田城跡に移し、天体サポーターの指導で秋の星座を観察。プリントした天体写真を持ち帰れる。

定員50人。参加費300円。夕食(おにぎりと豚汁、520円)は希望制。申し込みは街ネタものづくり教室のHPの応募フォームから。

記事配信 [ 2019-10-16 09:30:55 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-03-29更新 ]
  1. 4月8日のお釈迦様の誕生日を祝う「花まつり」が、3月28日(土)〜4月8日(水)まで牛久大仏で開かれる。
  2. 栗どら・梅どらで知られる志ち乃の「月替わりどら」が、好評を得ている。
  3. ノーブルホームの「まちかど展示場」が土浦市並木5丁目に完成し、3月28日(土)と29日(日)に見学会を実施する。
  4. アニメ「妖怪人間ベム」「昆虫物語みなしごハッチ」とコラボレーションした龍ケ崎市のイメージアップポスターがこのほど完成し、JR龍ケ崎市駅などに掲示されている。
  5. ハウジング重兵衛の「リノベーション展示場」で、3月28日(土)と29日(日)見学会が開かれる。
  6. 昨秋開校した「TSUKUBA学びの杜学園」が、4月生を募集している。
  7. いよいよ今年も桜が開花。先ごろ募集しました「桜にまつわる思い出」をご紹介します。悲喜こもごもの珠玉エピソードに編集部もほっこり。お寄せいただいた皆さま、ありがとうございました。
  8. 日本最大級の栽培面積を誇る深作農園では、イチゴ狩りを5月上旬まで毎日開催している。
  9. 「自然と家族が調和する住まい」を手掛ける夢ハウスの完成・構造現場見学会が、3月28日(土)と29日(日)つくばみらい市と常総市で開かれる。
  10. 牛久市の史跡や名所を案内するボランティア「うしくまちあるきの会」がこのほど始動。「移動歴史民俗博物館」として、養成講座を受講した市民らが市内の歴史や魅力を内外の人々に紹介する。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP