茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > 「花の運河」育てて33年
2019年9月14日(土)

「花の運河」育てて33年

小貝川のコスモス畑、もうすぐ見頃

取手市椚木(くぬぎ)の小貝川河川敷に約1.1キロ続く「フラワーカナル」。住民有志の「藤代まちづくり協議会」が「郷土の川と仲良くしたい」と花栽培を始めてから33年目を迎え、季節の花が川岸を彩る風物詩として定着。今秋もコスモスが少しずつ咲き始め、行き交う人を楽しませている。


以前の見頃の風景。濃淡のピンクが連なる(取手市提供)

残暑厳しい9月上旬。県南総合防災センター前の川と堤防の間に広がる約1.1キロ、幅約7〜10メートルにおよぶコスモス畑に、藤代まちづくり協議会の6人が集った。

軍手やひざ痛防止のサポーターを着け1時間半ほどの草取り作業。「とても全部は…」と苦笑いするのは、会長の飯泉光一さん(77)。市から提供された20リットル超の種は7月に約20人で一気にまき、秋の見頃に向け週末は雑草との根比べ。「ボランティアなので無理せず、強制せず、できる人がやっています」

自分たちの手で


秋風に揺れるコスモス=9月6日、取手市椚木

始まりは1987年(昭和62)。藤代町(当時)の将来像について検討する町の諮問委員を2年間務めた農家や主婦、商店主、自治会役員ら約20人が「せっかく集まったんだから何かやろう」と意気投合。目標はすんなり決まった。

「小貝川をもっと地域に親しまれるようにしたいね」。たびたび水害を起こし「暴れ川」と呼ばれた川と「仲良くする」ため、建設省下館工事事務所(当時)から堤防改修を終えた河川敷を1キロメートルほど借り受け、花育てを始めた。

飯泉さんによると、昔の河川敷はアシなどが生い茂り、ごみが散乱。「皆きれいにしたいと思っていた」。春から初夏にかけ古だんすや割れた茶わんなどのごみを回収。トラクターでの地ならしで爪に当たった岩石は、一つひとつ手作業で取り除いた。

活動に対して時に冷ややかな声も聞こえたが、友人から「コスモスが咲いてるぞ」と連絡が入ったときは河川敷に飛んでいった。わずか3、4輪の花が、風に揺れていた。汗をかいた分だけ本当にきれいに見えた。

コスモスが終了すると春に向けポピーの栽培に取り掛かり、見頃の5月には地域団体・企業の協力で花まつりを開催。来場者や祭りに参加した演奏者から「きれいな花の中で楽しめてうれしい」と感想をもらった。住民による花育ては流域にも広がり、同所は英語で「花の運河」を意味するフラワーカナルとして親しまれるようになった。

花のリレー


雑草取りの後、ひと息つく飯泉光一さん(左)ら。作業の間の雑談も楽しい=9月1日、取手市椚木

春秋の花栽培を続ける中、会では10年ほど前からコスモスに先駆けて咲くヒガンバナを導入。間もなく見頃を迎える。定年後に活動に加わった市内の船津輝男さん(77)も「いつも花が咲いていると気持ち良いからね」と元気いっぱい手を動かす。

河川敷の景色が気に入り同市に越してきた中野陽子さん(60)は、散歩中同会の作業に出合い手伝うようになった。会ではメンバーの高齢化が課題となっているが、飯泉さんは「地域の人がもっと小貝川に興味を持って親しんでもらえるよう、できるだけ続けたい。小さくてもキラリと光る街にしたいから」と話している。

今年は天候不順や台風などによる影響を受けたが、同会によると9月末〜10月初めごろに見頃を迎える見通し。

関連コンテンツ
Ads by Google


大人のプレミアムセミナー
最新の一面記事
  1. 筑波大、26年ぶり箱根駅伝出場
  2. 「スラックライン」広めたい
  3. 本に新たな「命」吹き込みたい
  4. かすみがうら市“仲人業”登録者に好評
  5. 暮らしに「笑顔」を届けたい
注目の記事
  1. プロ野球ドラフト会議で巨人から3位指名を受けた常総学院高校3年菊田拡和内野手が、このほど土浦市内のホテルで仮契約を結び、プロ入りへの決意を新たにした。
  2. 自分らしく生きる方法を学ぶ「生前整理・生き活®セミナー」が、12月19日(木)つくば山水亭で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. トヨタホーム茨城の「現地案内会」
  2. こどもアートひろば
  3. 「ワンコイン着付け体験」受講生募集
  4. 親子で楽しむクリスマス
  5. 話題の「墓じまい」学ぶ
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング