常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年9月) > 9月23日まで企画展「大正時代の取手」
地図表示 印刷表示
2019年9月20日(金)

9月23日まで企画展「大正時代の取手」

鉄道や橋、郷土の「礎」実現への歩み

常総鉄道開業記念絵はがき(齋藤一彦氏所属)
常総鉄道開業記念絵はがき(齋藤一彦氏所属)

常総鉄道(現関東鉄道常総線)開業など大正時代の取手の動きを伝える展示が、9月23日(祝)まで取手市埋蔵文化財センターで開かれている。午前9時〜午後5時(入館4時半まで)、入場無料。

大正2年取手—下館間で開業した同鉄道ほか、中等学校設置や車移動の便を著しく向上させた利根川架橋を目指す青壮年有志らの活動を約130点の資料から紹介。

鉄道整備をめぐっては明治20〜30年代に計画が持ち上がったが実現せず幻に。その後、明治44年に再び建設計画が浮上し、吉田茂元首相の父で高知出身の実業家・竹内綱を社長に据えた「常総鉄道」が起工から約9カ月の短期で開業を遂げた。

路線図が巻物風に描かれた開業記念絵はがきは、カラー刷りで絵の一部が浮き出るように見える凝ったデザインになっている。

また牛久ゆかりの日本画家・小川芋銭から取手二高に寄贈された書画や大利根橋(昭和5年完成)起工記念品となった芋銭の絵入り扇子も紹介。「郷土発展のために力を尽くした先人の歩みを感じてもらえたら」と担当者。

■問い合わせ
Tel 0297(73)2010/同館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-09-20 09:30:48 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-10-19更新 ]
  1. 土浦駅前を盛り上げようと企画されたライブイベントが、10月20日(日)同市のうらら大屋根広場とモール505野外ステージで開かれる。
  2. つくば産業フェア&農産物フェアと健康フェスタが、10月19日(土)と20日(日)つくば市内で開かれる。
  3. 現代アート造形作品を野外に展示する美術展「ART SESSION TSUKUBA2019」が、11月10日(日)まで平沢官衙遺跡や神郡・臼井地区で開かれている。
  4. プロ野球のドラフトや選手の去就が話題になる中、横浜DeNAベイスターズから社会人硬式野球のJFE東日本へと活躍の舞台を移した須田幸太選手が、10月25日開幕する日本選手権に臨む。9年ぶりに復帰した古巣で年長者としてチームを引っ張りながら、7月の都市対抗大会初優勝に続く「夏秋連覇」に挑戦する。
  5. さまざまな心の悩みの解消や軽減に取り組むメンタルケアサロン「心の翼」つくば店が、このほどリニューアルオープンした。
  6. 自家焙煎コーヒー店・コーヒーファクトリーの3号店「スタートアップカフェ」が、このほど同市吾妻のつくばスタートアップパーク内にオープンした。
  7. いしおか市民寄席「三遊亭円楽独演会」が、11月10日(日)石岡市民会館で開かれる。
  8. アルルホームズ施工による注文住宅の完成見学会が、10月19日(土)と20日(日)つくばと牛久の2会場で開かれる。
  9. 茨城県では、阿見町吉原の住宅用分譲地「いぶきの丘阿見東」見学会を、10月19日(土)〜21日(月)現地で実施する。
  10. 「喫茶・蔵」では、1892年建造のレトロな蔵の店内で静かなひとときを過ごせる。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 三重県津市にある料亭寿美家(明治45年創業)の伝統とおもてなしの心を継承する「仕出し割烹しげよし」。
  2. 星野リゾート(星野佳路代表)が運営するホテル「星野リゾート BEB5 土浦」が「プレイアトレ土浦」に来年3月19日(木)開業する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. さまざまな「心の悩み」に対応
  2. 茨城出身アーティストら出演
  3. 11月10日まで、アートセッションつくば
  4. プロから社会人に「復帰」
  5. いしおか市民寄席「円楽独演会」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー