地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年09月12日掲載

子どもたちの「生きづらさ」に寄り添う

牛久のフリースクールSONORA

竹で自作した遊具で遊ぶ子どもたち
竹で自作した遊具で遊ぶ子どもたち

今年1月牛久市内にオープンした「こどものSONORA」は、一日の過ごし方を自分で決める新しいタイプのフリースクール。スタッフがゆるく見守る中、子どもたちが主体的な遊びを楽しんでいる。

SONORA(ソノーラ)は、園(居場所)と野良(野原・田畑)を合わせた造語。主宰する元島根大学生物資源科学部准教授の山岸主門(かずと)さん(52)が、義母が営んでいた牛久市内の神経内科クリニックのデイケア部門を引き継ぎ、現在県南各地から20人ほどが通っている。

SONORAにはプログラムやカリキュラムはなく、スタッフからの勉強や遊びの提案も原則ない。登園後は好きなように過ごし、昼食はだいたい正午頃。出来る限り全員で「いただきます」をするが、「食べたい時に食べればいい」と山岸さん。

園庭には「自分の責任で自由に遊ぶ」を基本に禁止事項を極力減らしたデンマーク発祥の遊び場「プレーパーク」の理念を基に自作した遊具のほか、巣箱でのハチミツ作りや生い茂るやぶを切り開いた迷路など畑のある遊び場が特長。

2年前から通う男児(11)はこの夏オクラやゴーヤをどっさり育て「ここに来ると気持ちが楽になる」と話し、たき火を使ったバーベキューなどは月1回のミーティングで子どもたち自らが提案する。

皆から「ししょう(師匠)」と慕われる山岸さんは「不登校の理由ははっきりとしたものがない場合も多い。生きづらさを抱えた子どもたちの主体性をうまく引き出せれば」と話している。

オープンは火〜金曜の午前9時半〜午後4時半。体験料1日500円、3カ月単位の登録料は別途必要。

■問い合わせ
029(874)8351/こどものSONORA(牛久市柏田町1030)

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-09-12 09:30:55 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-02-22更新 ]
  1. 幼いころからダンスに魅了され、大学卒業後向かったアメリカで奥深い表現を学んだ山口悠起子さん。高校の体育講師を経て、現在務めるのは茨城アストロプラネッツのダンスチーム・べガス率いるディレクター。「地域貢献に力を入れる球団を支えたい」という思いを胸に、精力的に活動を続けている。
  2. 健康について楽しく学ぶイベントが、2月22日(土)取手ウェルネスプラザで開かれる。
  3. 北海道産小麦100%の無添加生地で作るパンが自慢の「ひこいち堂」では、食べ応えがある総菜パンが人気を集めている。
  4. ミルリトンでは、旬の素材を使った人気の「プレートランチ」をはじめ、土・日も注文できる各種ランチメニューが好評。
  5. 西洋料理エスコフィエでは、昭和38年の創業以来継ぎ足し続けてきたデミグラスソースが決め手の「ハンバーグ」が味わえる。
  6. 天然木に囲まれた空間で鮮度抜群のすしと魚料理が味わえる居食家しみずでダントツの人気を誇るのが、選べる「日替りランチ」。
  7. 飯村畜産直営店iimurayaでは、筑波山麓で育つA5ランクの最高級黒毛和牛「飯村牛」の人気総菜を詰め込んだ特選牛づくし弁当が好評。
  8. 伝統的な墓からオーダーメードのデザイン墓石施工、霊園紹介まで幅広く手掛ける「石工房・和-なごみ-」が、2月27日(木)午後1時半から開かれる「パワーストーン体験会」の参加者を募集している。
  9. シンガーソングライター山崎まさよしのコンサートが、3月1日(日)龍ケ崎市文化会館で開かれる。
  10. かすみがうら市志筑出身で郷土の農業振興に力を注いだ中島以政の業績を振り返る特別展が、3月8日(日)までかすみがうら市歴史博物館で開かれている。
Ads by Google

グルメムック「この店とまれ」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP