常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > 山派?海派?さて、どっち?
2019年7月13日(土)

山派?海派?さて、どっち?

夏休み直前特別企画!

山と海両方のレジャーが楽しめる茨城県は、欲張りさんも大満足の観光地。多くの登山者が訪れる一方、海水浴場は13日から続々と海開きを迎えます。それぞれの魅力や忘れがたい思い出を、小学生から80代までの282人に緊急調査。もうすぐ夏本番。さあ、遊びに行きましょう!


「海派」コメント

新鮮な魚介類が食べられるから。毎年家族旅行で海辺には行きますが、海には入りません。楽しむのはもっぱら、お酒と食べ物。
(土浦市、58歳男性)
波打ち際をぼんやり見ていると無心になれる。月に一度は海へ行きます。
(つくば市、56歳女性)
母親が大洗生まれなので小さい頃から夏は海水浴やバーベキューを満喫。ある日海に潜った母がなかなか上がってこなくて、子ども心に焦った。海女さんのようなことをしていたらしい。
(土浦市、59歳男性)
海の上で浮き輪でゆっくりできるのがいい。
(石岡市、17歳男性)
年寄りですが、もう一度海に行って生ビールを飲みたい。
(下妻市、81歳男性)
昨年宮古島で十数年ぶりに海水浴をしたら楽しすぎて今年は石垣島へ。茨城でもきれいな海を見つけて行ってみたい。
(土浦市、38歳女性)
冷たいし、涼しい。海には1回しか行ったことがありませんが、波崎で見た風力発電の風車がまた見たいです。
(土浦市、7歳女子)
20代の頃は水着を選ぶところから楽しんでいた。流行や自分に似合うかなど迷いに迷ってその夏の1着を決めて海に行ったり。最近はそんなこともなくなり…若干寂しい。
(土浦市、35歳女性)
海釣りが趣味。大洗沖で釣ったヒラメの刺し身はおいしかった。
(常総市、33歳男性)
夫が海好きなので家族で海に出掛けるのがいつもの週末。子どもは海ではしゃぎ回るのが好きだが、日焼けや熱中症が気になるので水分補給に気を付けています。
(つくば市、38歳女性)
実家が山梨のため山は日常、海は非日常。最近のマイブームは大洗で遊んでから、ひたちなかで映画を見ることです。
(土浦市、54歳男性)

「山派」コメント

山々の四季は飽きることがありません。時期や時間などで見え方が変わるのも一興。季節ごとの山菜など海とは違った良さがあります。
(土浦市、58歳男性)
軽くハイキングで行く程度だけど、気持ち良いからリフレッシュできる。今年は家族でキャンプをしたい。星空が見えたらいいな。
(阿見町、38歳女性)
クラゲに関する嫌な思い出があるから山派。
(土浦市、26歳女性)
都内の友人と八郷で昼食後、ノリで筑波山へ行ったのがすごく楽しくて。近くに気軽に登れる山があるっていいなと思いました。今年の夏は宝篋山に登ってみたい。
(石岡市、30歳女性)
筑波山はいろんな登山コースがあるので、好みのルートに出合え、山頂で飲むホットコーヒーがおいしいんです。友人と一緒だと持ち物や登り方などに性格が出て楽しかった。
(つくば市、40代女性)
筑波山に朝日峠…。結婚前はデートで夜景を見に行きました。今でも仕事帰りなど、わざと遠回りして車を走らせることがあります。
(牛久市、39歳男性)
大人になるにつれて親との会話は減っていくが、父親と山を登りながら仕事や人生のことなどをゆっくり話せるのも山ならでは。
(つくば市、40歳男性)
時折ふらりと筑波山へドライブ。山道を走ると、近場なのに遠出の旅行気分が味わえます。この夏は久しぶりに自分の足で登ってみようかな。
(土浦市、40代女性)
山頂に立った時の達成感がたまらない。以前から筑波山に早朝登山をしており、この夏は富士山に行きたい。
(土浦市、53歳男性)
夏は涼しく、秋は紅葉が楽しめる。そうそう、山の上から花火が見てみたい!良い場所探してます。
(土浦市、26歳男性)

「どちらでもない」

それぞれ魅力がある。山では山登りや自然観察を。海ではビーチコーミング(漂着物の収集・調査)や海水浴などを楽しみます。
(守谷市、30代女性)
川派。山派寄り?
(かすみがうら市、55歳男性)

今回は「海派」が若干リードしましたが、差はほんのわずか。楽しいエピソードの一方、「離岸流に流されかけた」など怖い体験を寄せてくれた人も。お出掛け先でも安全や体調にしっかり注意を払いながら、夏を満喫しましょう。


「自然を相手に遊ぶ」 ということ
山登りはまさに装備が第一。「三種の神器」の靴・雨具・ザックは標高に関わらずしっかりしたものをそろえましょう。ウェアやグッズは年々進化するので、ブランクがある人はこの際一から見直しを。これから秋に掛けては蚊やアブなどにも注意を。海辺でバーベキューやお酒を楽しむ人も多いと思いますが、飲酒したら入水は厳禁です。アウトドアレジャーは自然環境やマナーを守りながら楽しむもの。この意識は海・山問わず大事にしていただきたいと思います。
(取材協力/ナムチェバザールつくばQ’t店、店長平岡忠さん)

関連コンテンツ
Ads by Google


グルメムック「この店とまれ」
最新の一面記事
  1. 「まだ見ぬ新種に出合いたい」
  2. 企業主導型保育所導入から3年
  3. 弥栄の山河、再び
  4. 山派?海派?さて、どっち?
  5. 子どもよ、外で遊ぼう
注目の記事
  1. カウンターで小粋にそばが楽しめる「そば処貴義」が、このほどつくば市下広岡にオープンした。
  2. 土浦の農家が当日収穫した野菜を販売する「ステロビマルシェ」が、8月10日(土)と31日(土)土浦駅ビル・ステーションロビー内「ぼくらのキッチン」で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 不要な子ども服「回収します!」
  2. 「将来設計」考えるきっかけに
  3. 龍ケ崎市民文化芸術フェス
  4. INASHIKIカップリングパーティー
  5. 予科練記念館で夏休みイベント
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング