地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年07月13日掲載

7月17日から、県産和紙を使った作品展

障害や年齢など壁を越えて


常陸大宮市の旧山方町地域で生産されている「西ノ内和紙」を使った作品展が、7月17日(水)〜21日(日)まで県つくば美術館で開かれる。午前9時半〜午後5時(入場4時半まで)。入場無料。

西ノ内和紙はコウゾのみを原料にした手すき和紙。1971年に県の無形文化財に指定されたものの後継者不足などで衰退を余儀なくされている県産和紙をより多くの人に使ってもらおうと、県南在住作家6人が5年前から年1回の展示を開始。水墨画やデザイン、写真、遊書、和服、切り絵などを各自の感性で表現している。

今回は障害や性別、年齢などの壁をなくそうと「共走」をテーマに知的障害者も作品作りに参加。土浦市内で放課後等デイサービス事業を行う「NPO法人サポートハウスにれの木」のアートや筆文字クラブのメンバーら7人も制作に励んでいる。大判の和紙に自然をテーマに自由に絵や文字を描いた書を制作中で、参加者の石川岳さん(19)は「満足いく文字が書けた」と話している。

展示には、筑波山麓で知的障害者らが有機農業を通した共同生活を行っている「NPO法人自然生クラブ」や西ノ内和紙の地元・常陸大宮高校の生徒の作品も並ぶ。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-07-13 10:30:06 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-01-30更新 ]
  1. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月25日(土)と26日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  2. 科学技術や歴史、文化など「研究学園都市つくば」をネタに市民らが考えた「ご当地スポーツ」の体験イベントが、2月2日(日)つくばセンター広場周辺で開かれる。
  3. 「小田のお不動様」として親しまれている小田不動尊の摩崖不動明王立像が、1月28日(火)年に一度のご開帳を迎える。
  4. 県立中央青年の家恒例の「ぬく森まつり」が、1月26日(日)に開かれる。
  5. 大型客船で巡る船旅の魅力を紹介する客船クルーズ説明会が、1月27日(月)から県南各地で順次開かれる。
  6. つくばエキスポセンターのプラネタリウムが2月1日(土)のリニューアルオープンを機に、新番組の上映を開始する。
  7. 阿見町産の常陸秋そばを楽しむイベント「まいあみ そばの里〜あなたのそばに」が、2月2日(日)同町本郷ふれあいセンターで開かれる。
  8. オークラフロンティアホテルつくばのカフェテラス・カメリアでは、「福井・日本海ブッフェ 食文化の旅」を2月1日(土)〜3月29日(日)まで開催する。
  9. スポーツジャーナリスト二宮清純さんの講演会が、2月6日(木)石岡プラザホテルで開かれる。
  10. 盲目のピアニスト梯剛之さんのチャリティーコンサート「子どもに伝えるクラシック」が、2月8日(土)午後2時から龍ケ崎市文化会館で開かれる。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP