常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年7月) > 7月17日から、県産和紙を使った作品展
地図表示 印刷表示
2019年7月13日(土)

7月17日から、県産和紙を使った作品展

障害や年齢など壁を越えて


常陸大宮市の旧山方町地域で生産されている「西ノ内和紙」を使った作品展が、7月17日(水)〜21日(日)まで県つくば美術館で開かれる。午前9時半〜午後5時(入場4時半まで)。入場無料。

西ノ内和紙はコウゾのみを原料にした手すき和紙。1971年に県の無形文化財に指定されたものの後継者不足などで衰退を余儀なくされている県産和紙をより多くの人に使ってもらおうと、県南在住作家6人が5年前から年1回の展示を開始。水墨画やデザイン、写真、遊書、和服、切り絵などを各自の感性で表現している。

今回は障害や性別、年齢などの壁をなくそうと「共走」をテーマに知的障害者も作品作りに参加。土浦市内で放課後等デイサービス事業を行う「NPO法人サポートハウスにれの木」のアートや筆文字クラブのメンバーら7人も制作に励んでいる。大判の和紙に自然をテーマに自由に絵や文字を描いた書を制作中で、参加者の石川岳さん(19)は「満足いく文字が書けた」と話している。

展示には、筑波山麓で知的障害者らが有機農業を通した共同生活を行っている「NPO法人自然生クラブ」や西ノ内和紙の地元・常陸大宮高校の生徒の作品も並ぶ。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-07-13 10:30:06 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-08-18更新 ]
  1. 夏休み中の小中学生向けの催しが、8月18日(日)と24日(土)阿見町の予科練平和記念館で開かれる。
  2. 先祖や故人への報恩感謝の気持ちを灯ろうに込めてお盆を過ごす追悼法要「万燈会」が、8月15日(木)牛久市の牛久大仏で開催される。
  3. つくば工科高等学校の1年生が難民キャンプの子どもたちに服を届けるプロジェクトに参加し、学校を挙げて古着回収の準備を進めている。8月18日(日)〜20日(火)の3日間は地域住民を対象に不要になった子ども服の回収を行う。
  4. 千葉県柏市にある介護付き有料老人ホーム「サンシティ柏」での暮らしを垣間見る「無料昼食付きバス見学会」が、9月6日(金)同所で開かれる。
  5. 稲敷市と同市商工会青年部主催の「第21回INASHIKIカップリングパーティー」が、9月7日(土)午後1時半からウエディングリゾート・フラン・ベル・アムールで開かれる。
  6. 龍ケ崎市文化会館では、10月30日(水)〜11月24日(日)に開催する「市民文化芸術フェスティバル」の出演者・出品者を募集している。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. カウンターで小粋にそばが楽しめる「そば処貴義」が、このほどつくば市下広岡にオープンした。
  2. 土浦の農家が当日収穫した野菜を販売する「ステロビマルシェ」が、8月10日(土)と31日(土)土浦駅ビル・ステーションロビー内「ぼくらのキッチン」で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 不要な子ども服「回収します!」
  2. 「将来設計」考えるきっかけに
  3. 龍ケ崎市民文化芸術フェス
  4. INASHIKIカップリングパーティー
  5. 予科練記念館で夏休みイベント
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー