常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年6月) > 茨城弁満載「ごじゃっぺかるた」完成
印刷表示
2019年6月26日(水)

茨城弁満載「ごじゃっぺかるた」完成

初級からネイティブレベルまで

「CD付きだから茨城弁の発音に不安があっても『だいじ』(大丈夫)」と、作者の青木智也さん。
「CD付きだから茨城弁の発音に不安があっても『だいじ』(大丈夫)」と、作者の青木智也さん。

茨城弁をふんだんに盛り込んだ「茨城弁ごじゃっぺかるた」が、このほど完成。制作した青木智也さん(46歳、常総市)は「家族や友達など皆さんで盛り上がってほしい」と話している。

ウェブサイトや音楽活動など多方面で茨城をPRする青木さんが、自身のラジオ番組での企画を基に10年ほど前から構想を温めてきたという茨城弁満載のかるた。

「ゆ」「い」「え」が聞き取りにくいために起きる人名勘違いなどユーモアたっぷりの50の読み札を作り、訳文や読み上げCDを付けてなじみのない人でも楽しめるよう工夫。独特の尻上がりのイントネーションや口をあまり開けず鼻に抜けるような読み方の音声は青木さんが吹き込んだ。

「だいじだよ あおなじみぐれぇ なんちゃねえ」(大丈夫だよ、青あざぐらいなんてことない)、「ろっこくさ出んじゃそっから まっつぐだ」(国道6号に出るなら、そこから真っすぐだ)など県民には比較的知られた言い回しが中心だが「エリアや年代を限定せずさまざまな茨城弁をセレクトしたので、全部分かる人は少ないかも。地元の方も遊びながら茨城の魅力を再発見してもらえれば」と青木さん。

かるたは「茨城王」のサイトで販売中。1セット3000円(税込み)。

記事配信 [ 2019-06-26 08:30:14 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-10-17更新 ]
  1. 「喫茶・蔵」では、1892年建造のレトロな蔵の店内で静かなひとときを過ごせる。
  2. 「洋食 大かわ」では、大人気メニューの「カキフライ」を今年も期間限定で提供している。
  3. 星野リゾート(星野佳路代表)が運営するホテル「星野リゾート BEB5 土浦」が「プレイアトレ土浦」に来年3月19日(木)開業する。
  4. 小田城歴史ひろばを舞台としたイベント「秋の陣」が、10月19日(土)に開かれる。
  5. コーヒー専門店「とむとむ」では、ゆとりの大空間で極上の2杯立てサイフォンコーヒーが楽しめる。
  6. 三重県津市にある料亭寿美家(明治45年創業)の伝統とおもてなしの心を継承する「仕出し割烹しげよし」。
  7. 自作の天体望遠鏡で秋の星座を観察する催しが、10月27日(日)つくば市の国指定史跡「小田城跡」で開かれる。
  8. 「ENZO」では、国産・外車の新旧を問わず、世界のビンテージカーやクラシックカー、スーパーカーなど常時約50台の在庫があり、ショールームには20台を展示している。
  9. 「手打更科蕎麦処さらしなの里」では、常陸秋そばの挽きぐるみを使った「鴨南ばん」を提供している。
  10. 相続税額を試算できるセミナーが、10月19日(土)常陽つくばビルで開かれる。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 三重県津市にある料亭寿美家(明治45年創業)の伝統とおもてなしの心を継承する「仕出し割烹しげよし」。
  2. 星野リゾート(星野佳路代表)が運営するホテル「星野リゾート BEB5 土浦」が「プレイアトレ土浦」に来年3月19日(木)開業する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「カキフライ始めました!」
  2. レトロなレンガ蔵の喫茶店
  3. 10月19日、相続税試算セミナー
  4. 「自分の力」で宇宙を覗こう
  5. 10月19日「小田城秋の陣」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー