茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年4月) > 4月21日、物質・材料研究機構で一般公開
印刷表示
2019年4月18日(木)

4月21日、物質・材料研究機構で一般公開

今年は「元素」がテーマ

ナトリウムの光を当てた「黒い炎」は並木地区で見学できる
ナトリウムの光を当てた「黒い炎」は並木地区で見学できる

物質・材料研究機構(NIMS)の一般公開が、4月21日(日)に開かれる。午前10時〜午後4時。入場無料。

元素周期表発見150周年を記念し、今年は「元素」を体感できる84のプログラムを実施。並木地区(並木1-1)では水を1万気圧で圧縮し人工的に氷を作る実験のほか、実際の金属が並ぶ元素周期表がお目見え。千現地区(千現1-2-1)では原子の立体地図をつくる3次元アトムプローブの公開、桜地区(桜3-13)では超電導磁石を使って水を宙に浮かせる実験などが行われる。

リチウムイオン電池、ハイブリッド車に使われるネオジム磁石などの「素材産業」で外貨を獲得してきた日本の現状を踏まえ「将来の材料研究の支え手に興味を持ってもらうきっかけになれば」と担当者。

■問い合わせ
Tel 029(859)2026/同機構広報室

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2019-04-18 08:30:23 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-07-16更新 ]
  1. つくば市主催の「つくばスポーツフェスティバル2019」が、7月20日(土)午前10時からつくばカピオで開かれる。
  2. 小学生の7割以上が放課後に全く外遊びをしないー。こんな調査結果がこのほど公表され、保護者らから驚きの声が上がっている。急激な人口増加が続くつくば市内でも子どもが自由に遊べる場所は減少傾向に。「幼少期に手つかずの自然や外遊びを経験させたい」と活動する親たちを取材した。
  3. 湖上に真っ白い帆を掲げた勇壮な姿が見学船から間近で見られる観光帆引き船の通常操業が今月から行われるのを前に、かすみがうら市観光協会では乗船希望者を募集している。
  4. 獲物を狙う動物たちの「技」にスポットを当てた企画展「狩―ハンターたちの研ぎ澄まされた技と姿―」が、9月23日(祝)まで坂東市のミュージアムパーク茨城県自然博物館で開かれている。
  5. 手づくり作家が一堂に会する「クラフトマルシェ」が、7月13日(土)と14日(日)ABCハウジング土浦住宅公園で開かれる。
  6. つくば市の花畑近隣公園プールが今年もオープンし、親子連れを中心ににぎわっている。
  7. 山と海両方のレジャーが楽しめる茨城県は、欲張りさんも大満足の観光地。多くの登山者が訪れる一方、海水浴場は13日から続々と海開きを迎えます。それぞれの魅力や忘れがたい思い出を、小学生から80代までの282人に緊急調査しました。
  8. 常陸大宮市の旧山方町地域で生産されている「西ノ内和紙」を使った作品展が、7月17日(水)〜21日(日)まで県つくば美術館で開かれる。
  9. オークラフロンティアホテルつくばの中国料理「桃花林」が、8月31日(土)まで人気メニュー「ホテル会員限定ランチコース」に高級料理の「北京ダック」を付けて提供する。
  10. 土浦市中荒川沖町の「クルマ買取専門ディーラー・ビッグインパクト」では、同店ならではの愛車高価買い取りが大好評。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. つくば市主催の「つくばスポーツフェスティバル2019」が、7月20日(土)午前10時からつくばカピオで開かれる。
  2. 小学生の7割以上が放課後に全く外遊びをしないー。こんな調査結果がこのほど公表され、保護者らから驚きの声が上がっている。急激な人口増加が続くつくば市内でも子どもが自由に遊べる場所は減少傾向に。「幼少期に手つかずの自然や外遊びを経験させたい」と活動する親たちを取材した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. ホテル会員限定ランチコース
  2. 今月から観光帆引き船操業
  3. プールオープン
  4. 自然界の「ハンター」の技に迫る
  5. 7月17日から、県産和紙を使った作品展
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー