常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年12月) > 牛久ご当地グルメ「ピザの里」
印刷表示
2018年12月26日(水)

牛久ご当地グルメ「ピザの里」

分厚いおいしさ、ワインとどうぞ

期間限定バーで提供された、小ぶりタイプの「ピザの里」。厚めの生地にチーズや具材がたっぷり
期間限定バーで提供された、小ぶりタイプの「ピザの里」。厚めの生地にチーズや具材がたっぷり

牛久市の新たなご当地グルメとして推奨される分厚いオリジナルピザ「ピザの里」が、市内の飲食店やパン店など12店舗で提供されている。関係者は「牛久といえばピザとワインのイメージになるように」と意気込んでいる。

「ピザの里」は、8年前からピザでの街おこしに取り組んでいた牛久市商工会青年部がこのほど考案。一般的なピザより厚めの生地の中にチーズや具材をたっぷり詰め込んだシカゴピザスタイルで、牛久産食材1品以上の使用を定義付けた。

普段から市内でピザを味わえる環境を整えることで名物として定着させ、人の周遊につなげようと市内店舗に協力を呼び掛けてきた。

2018年11月からは地場産の旬野菜やみそを使うなど、各店が趣向を凝らした多彩な「ピザの里」の提供を開始。12月上旬には、PRを兼ねた期間限定のバーが牛久駅前エスカード牛久内に約1週間開設され、多くの来場者が味わった。

提供店舗は来春までに20店舗程度まで増える見通しで、牛久青年会議所も取り組みに加わるなど名物化の輪は各方面に広がっている。「日常的にピザとワインを楽しめるような街になるといいですね」と市商工会青年部長の入江秀夫さん(42)。

詳しくはホームページ「ピザの里」で検索。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-12-26 10:30:11 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-12-08更新 ]
  1. プロ野球ドラフト会議で巨人から3位指名を受けた常総学院高校3年菊田拡和内野手が、このほど土浦市内のホテルで仮契約を結び、プロ入りへの決意を新たにした。
  2. 2017年に出合ったスポーツ「スラックライン」に魅せられた梅原博さんが、その面白さを地域に広めたいと奮闘している。競技を続けながらインストラクターの資格も取得。体験会や教室、イベントなどを実施し、多くの人に魅力を伝えている。
  3. クリスマスをテーマに芸術文化に触れる催しが、11月30日(土)と12月1日(日)カスミつくばセンターで開かれる。
  4. フランス料理店「リヨン・ド・リヨン」が、毎年人気の「洋風おせち」の予約受け付けを開始した。
  5. レストラン「さくらガーデン」が、店の人気料理を詰め込んだ「おせちオードブル」の予約を受け付けている。
  6. オークラフロンティアホテルつくば本館11階「シエルブルー」が、12月24日(火)限定でクリスマスディナーを提供する。
  7. このほど新たにパティシエを迎えた石岡市の伊太利亜厨房KUUが、今年初めて販売するクリスマスケーキの予約受け付けを開始した。
  8. 40分の1スケールの霞ケ浦帆引き船模型を制作する工作教室が、12月14日(土)土浦まちかど蔵「野村」袖蔵で開かれる。
  9. 手相学などについてプロが分かりやすく語る「手相・人相から学ぶコミュニケーション」が、12月19日(木)つくば山水亭で開かれる。
  10. 市民合唱団とプロのオーケストラが共演し「ベートーヴェン交響曲第9番」を披露するコンサートが、12月29日(日)つくば市のノバホールで開かれる。
大人のプレミアムセミナー
注目の記事
  1. 自分らしく生きる方法を学ぶ「生前整理・生き活®セミナー」が、12月19日(木)つくば山水亭で開かれる。
  2. 1960年代のバップジャズを堪能できる「村田浩&The Bop Bandジャズライブ」が、12月14日(土)つくばカーサで開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 洋風おせち受付開始
  2. 人気料理をおせちに
  3. 一夜限りのノエルディナー
  4. 暮らしを楽しみ、災害に備える家
  5. 「手相と人相」で学ぶこれからのこと
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー