常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年12月) > 土浦市内で買い物支援サービス開始
印刷表示
2018年12月12日(水)

土浦市内で買い物支援サービス開始

自宅と店を往復「助かります」

スーパーでの買い物を楽しんだお年寄り=11月21日、土浦市内
スーパーでの買い物を楽しんだお年寄り=11月21日、土浦市内

「車が運転できない」「近所に公共交通機関がない」など日々の食料品の買い出しに不便を感じている人向けの買い物サービス支援事業が、このほど土浦市内で始まった。運営する民間社会福祉施設協議会(民社協、上方仁会長)では「代行や宅配と違い、自分で品物を見て、触って楽しんでもらえたら」と話している。

25法人・35施設が加盟する同協議会では、先月から市内8中学校区の11施設で事業を開始。各施設の福祉車両(定員5〜7人)が申し込みのあった利用者の自宅と買い物先を往復し、運転手のほか買い物支援サポーターが同行する。民間の事業者が連携してこうした取り組みを行うのは県内初(同会)で、免許の自主返納にもつなげたい考え。

先月21日には、普段宅食を利用しているという98歳の女性と、「自転車で買い物に行くのを家族に止められた」という82歳の女性が初めて利用。二人とも「自宅まで来てくれるのは便利。また利用したい」と話した。

市社協の瀬尾洋一常務理事は「外出にはおしゃれや身支度が必要。買い物以外にも楽しみが増えますね」と話し、今後は回覧板や地域の民生委員、区長らを通して利用を促していくという。利用詳細は次の通り。

▽対象=市内在住の65歳以上、家族・知人の支援が受けられない、車がなく公共交通機関の利用に不安がある、付き添いなしで買い物できる、要介護2まで

▽実施施設=滝の園(一中地区)、静霞園、窓愛園(二中地区)、もりの家(三中地区)、飛羽ノ園(四中地区)こほく(五中地区)、なごみ(六中地区)、つわぶき、はなのえん(都和地区)、シルトピア、憩いの里(新治地区)。利用希望者は電話で申し込む(面談あり)。

■申し込み・問い合わせ
Tel 029(821)5995/同市社協福祉のまちづくり係

記事配信 [ 2018-12-12 09:30:27 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-10-17更新 ]
  1. 自家焙煎コーヒー店・コーヒーファクトリーの3号店「スタートアップカフェ」が、このほど同市吾妻のつくばスタートアップパーク内にオープンした。
  2. プロの講師陣が優しく指導する「DIY無料体験教室」が、10月20日(日)Beハウス阿見ショールームで開かれる。
  3. 落葉樹庭園専門・樹医「自然樹院」恒例の「紅葉まつり」が、12月1日(日)まで開かれている。
  4. 「喫茶・蔵」では、1892年建造のレトロな蔵の店内で静かなひとときを過ごせる。
  5. 「洋食 大かわ」では、大人気メニューの「カキフライ」を今年も期間限定で提供している。
  6. 星野リゾート(星野佳路代表)が運営するホテル「星野リゾート BEB5 土浦」が「プレイアトレ土浦」に来年3月19日(木)開業する。
  7. コーヒー専門店「とむとむ」では、ゆとりの大空間で極上の2杯立てサイフォンコーヒーが楽しめる。
  8. 小田城歴史ひろばを舞台としたイベント「秋の陣」が、10月19日(土)に開かれる。
  9. 三重県津市にある料亭寿美家(明治45年創業)の伝統とおもてなしの心を継承する「仕出し割烹しげよし」。
  10. 自作の天体望遠鏡で秋の星座を観察する催しが、10月27日(日)つくば市の国指定史跡「小田城跡」で開かれる。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 三重県津市にある料亭寿美家(明治45年創業)の伝統とおもてなしの心を継承する「仕出し割烹しげよし」。
  2. 星野リゾート(星野佳路代表)が運営するホテル「星野リゾート BEB5 土浦」が「プレイアトレ土浦」に来年3月19日(木)開業する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「スタートアップカフェ」オープン
  2. こだわりの紅葉祭り
  3. Beハウス無料体験教室
  4. 「カキフライ始めました!」
  5. レトロなレンガ蔵の喫茶店
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー