常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年12月) > 貧困家庭の子どもに「宅食配」
印刷表示
2018年12月3日(月)

貧困家庭の子どもに「宅食配」

12月25日箱詰めボランティア

子ども食堂や学習支援に取り組むNPO法人未来の子どもネットワーク(笠井弘子代表)が、クリスマス当日の12月25日(火)貧困家庭の子どもたちにおもちゃや食べ物を届ける。団体では、当日の箱詰め作業を行うボランティアを10日(月)まで募集している。

同NPO法人が龍ケ崎市内で運営する無料塾と居場所サポート施設には、現在2〜18歳までの36人が通う。「給食がない冬休み中は特に支援の手が必要」(笠井さん)と、今回は行政が市内の生活保護や準要保護児童がいる世帯に連絡。申し込み順の100世帯に保護司や更生保護女性会、民生委員らが手渡しの「宅食配」を行うことで地域の見守り態勢につなげたい考え。

箱詰めボランティアは25日午前9時にみらサポ子ども食堂(場所非公開)に集合。希望者は電話で申し込む(定員10人)。

また、おもちゃ(付属電池や洗浄必須)、米、菓子、缶詰、ふりかけ、カップラーメン、のり、餅、レトルト食品など消費期限が来年1月末までの食品等も募る(23日(祝)必着か持参する)。

■申し込み・問い合わせ
Tel 0297(62)8932/事務局(龍ケ崎市城ノ内3-2-2)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-12-03 09:30:21 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-02-24更新 ]
  1. 規格住宅専門店・ココカラ生活の平屋住宅完成見学会が、2月23日(土)と24日(日)つくば市内で開かれる。午前11時〜午後4時。
  2. 常総市水海道宝町の商店街に、関東・東北豪雨で被害を受けた空き店舗を利用した甘味処がこのほど開店。程よい甘さの大判焼きを求める老若男女で連日にぎわっている。
  3. 森の中のモビリティテーマパーク・ツインリンクもてぎでは、3月9日(土)に誕生する新アトラクション「巨大ネットの森SUMIKA」のオープンに合わせ50組の家族を無料招待するキャンペーンを行っている。
  4. 阿見町のイタリアン・ボーノパスタでは、冬の名物「熱々チーズフォンデュ」が好評を得ている。
  5. キッチンなどが豊富に並ぶ「水まわりリフォーム感謝祭」が、2月23日(土)TOTOつくばショールームで開かれる。
  6. かすみがうら市西野寺(旧千代田町)にある胎安(たやす)神社の「春の祈願祭」が、3月3日(日)に開かれる。
  7. 数の計算や重さの計量など、暮らしの中で活躍してきた「はかる」道具を紹介する展示が、2月28日(木)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  8. 築60年の伝統住宅と築40年の2階建て住宅をリフォームした実例見学会が、2月24日(日)つくば市柴崎で開かれる。
  9. 実力派ものまねタレント・神奈月の「ものまねライブ&ビュッフェパーティー」が、3月9日(土)ローブカスミガウラで開かれる。
  10. 美術家の長浜悦子さんは娘の誕生をきっかけに、まるで和菓子のような色彩のひな人形を創作。造形作家として都内の動物園にあるゾウのモニュメントに携わる一方、3年前からは関東・東北豪雨で被災した郷里で作品展を開催。家のそこかしこに置ける小さなひな人形が2月21日(木)から市内でお披露目される。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 星空の映像と生演奏の音楽を楽しめる「星空コンサート〜音楽とプラネタリウムのコラボレーション」が、2月17日(日)つくばエキスポセンターのプラネタリウムで開かれる。
  2. 「リーズナブル・おいしい・楽しい」がコンセプトの大衆ビストロYASUDAがこのほど、つくば市研究学園にオープンした。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 人気の平屋住宅完成見学会
  2. 子授け・安産の胎安神社 3月3日は春の祈願祭
  3. 2月24日、住友林業のリフォーム実例見学会
  4. 2月23日と24日、デザイナーズ住宅見学会
  5. 2月23日、水回りリフォーム感謝祭
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー