茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年12月) > 「脳卒中つくばリハビリセンター」
地図表示 印刷表示
2018年12月5日(水)

「脳卒中つくばリハビリセンター」

県内初の自費リハビリ施設

「まずは2カ月のサポートで改善を目指します」と理学療法士の竹内靖揮さん
「まずは2カ月のサポートで改善を目指します」と理学療法士の竹内靖揮さん

後遺症が残る脳卒中患者向けに保険外で専門的なリハビリを行う県内初の施設「脳卒中つくばリハビリセンター」が、このほどつくば市のユーワールド内にオープンした。

公的な医療・介護保険によるサービスでは内容や時間が限られるため、同センターでは「もっとよくなりたい」と願う患者を対象に症状や目標に合わせた「オーダーメード」のリハビリを1回90分、全額自費で提供している。

スタッフは脳卒中認定を受けた臨床経験10年以上の理学療法士が在籍。「機能の改善や動作の獲得には膨大なトレーニング量が必要です。現状に満足していない方や職場復帰を目指す方など、ぜひ一度お越しください」と同センター。

家族へのリハビリや生活補助指導も行う。つくば市近隣への出張にも対応。初回5000円(税別)、2回目以降1万5000円(税別)、回数券(16回)24万円(税込み)。

2019年1月末まで予約時に「常陽リビング」を見たと伝えると初回無料になる。営業時間/午前10時〜午後7時(時間外応相談)。不定休。

■問い合わせ
Tel 029(836)1715/脳卒中つくばリハビリセンター(つくば市下原370-1)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-12-05 08:30:08 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-12-19更新 ]
  1. NPO法人スマイル・ステーションが主催する子育てに関する講座が、12月23日(祝)午後1時40分から開かれる。
  2. つくば市のスタートアップ戦略を公表するイベント「Tsukuba Startup Day」が、12月20日(木)つくば国際会議場で開かれる。
  3. 収穫と芸術の秋を楽しむ「女化秋祭り」が、12月15日(土)牛久市女化青年研修所で開かれる。
  4. 茨城出身のプロ野球選手が指導するチャリティー野球教室が、12月22日(土)牛久市の牛久運動公園野球場で開かれる。
  5. 龍ケ崎市のマスコットキャラクター「まいりゅう」が手話で会話する無料通信アプリLINE用スタンプが、このほどお目見えした。
  6. 牛久のグルメや工作などを楽しめるイベントが、12月16日(日)あみプレミアム・アウトレットで開かれる。
  7. ラクスマリーナでは、遊覧船ホワイトアイリス号から初日の出を望む「初日の出クルーズ」の予約を受け付けている。
  8. 長らく常総市の主要産業として発展した「いしげ結城紬」の産地が、深刻な人材難に揺れている。高齢化で専門の技術を持った職人だけでなく、動力機を操る「織り子」も不足。ウェブなどで募集を始めた一方で、産地問屋と手を携え、世代を超えて積み上げてきた価値の再確認を迫られている。
  9. 牛久大仏の大みそか恒例の「修正会」が、12月31日(月)午後11時から開催される。
  10. 1984年(昭和59)取手二高を率いて甲子園初優勝を果たし、常総学院高を全国屈指の強豪校に育てた名将木内幸男さん。教え子の佐々木力さんと小菅勲さんが今夏、100回記念の甲子園出場を懸けた県大会決勝で初対決し話題となった。「木内マジック」「木内イズム」とも呼ばれる戦術や指導法をどう継承し、次世代に伝えるのか。奮闘する2人に話を聞いた。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. 牛久大仏の大みそか恒例の「修正会」が、12月31日(月)午後11時から開催される。
  2. 茨城出身のプロ野球選手が指導するチャリティー野球教室が、12月22日(土)牛久市の牛久運動公園野球場で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 県内最大級の手作り品販売会 出店者募集
  2. 「まいりゅう」で手話身近に
  3. 「ひとりじゃない子育て」学ぶ
  4. 霞ケ浦湖上で楽しむ「初日の出クルーズ」
  5. 12月20日、落合陽一さんが講演
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー