茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年11月) > 「つくば産ワイン」どんな味?
地図表示 印刷表示
2018年11月13日(火)

「つくば産ワイン」どんな味?

元研究者のブドウ農家語る

つくば市内でワイン用ブドウを生産する元研究者らを招く講座が、11月17日(土)つくばイノベーションプラザ(吾妻1-10-1)で開かれる。午後2時〜4時。参加無料。

昨年、酒税法の最低製造数量基準が緩和され、つくば市は小規模のワインや果実酒の生産が可能な「ワイン特区」に認定。こうした追い風を受け、市内でブドウの生産や将来的にはワイナリーの展開を見据える二人の元研究者らが「つくば産」ならではの味や風味、魅力などを語る。

守谷市出身の今村ことよさんは筑波大学生物学類を卒業し、製薬会社で研究・臨床開発に従事。2015年からつくば市臼井・沼田地区でブドウ農園「Bee’s KneesVineyards」を主宰。

一方の高橋学さんは北海道大学で博士号を取得後、通産省の地質研究所で岩石や岩盤の室内力学試験等を担当。今村さんと同じ15年に市の認定新規就農者として同市栗原に「Tsukuba Vinyard」を開き、ワイン用ブドウの栽培を開始。誰もが気軽に飲めるハウスワイン用のブドウを生産している。定員100人。

■問い合わせ
Tel 029(883)1111/つくば市生涯学習推進課

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-11-13 08:30:52 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-12-19更新 ]
  1. NPO法人スマイル・ステーションが主催する子育てに関する講座が、12月23日(祝)午後1時40分から開かれる。
  2. つくば市のスタートアップ戦略を公表するイベント「Tsukuba Startup Day」が、12月20日(木)つくば国際会議場で開かれる。
  3. 収穫と芸術の秋を楽しむ「女化秋祭り」が、12月15日(土)牛久市女化青年研修所で開かれる。
  4. 茨城出身のプロ野球選手が指導するチャリティー野球教室が、12月22日(土)牛久市の牛久運動公園野球場で開かれる。
  5. 龍ケ崎市のマスコットキャラクター「まいりゅう」が手話で会話する無料通信アプリLINE用スタンプが、このほどお目見えした。
  6. 牛久のグルメや工作などを楽しめるイベントが、12月16日(日)あみプレミアム・アウトレットで開かれる。
  7. 長らく常総市の主要産業として発展した「いしげ結城紬」の産地が、深刻な人材難に揺れている。高齢化で専門の技術を持った職人だけでなく、動力機を操る「織り子」も不足。ウェブなどで募集を始めた一方で、産地問屋と手を携え、世代を超えて積み上げてきた価値の再確認を迫られている。
  8. ラクスマリーナでは、遊覧船ホワイトアイリス号から初日の出を望む「初日の出クルーズ」の予約を受け付けている。
  9. 牛久大仏の大みそか恒例の「修正会」が、12月31日(月)午後11時から開催される。
  10. 1984年(昭和59)取手二高を率いて甲子園初優勝を果たし、常総学院高を全国屈指の強豪校に育てた名将木内幸男さん。教え子の佐々木力さんと小菅勲さんが今夏、100回記念の甲子園出場を懸けた県大会決勝で初対決し話題となった。「木内マジック」「木内イズム」とも呼ばれる戦術や指導法をどう継承し、次世代に伝えるのか。奮闘する2人に話を聞いた。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 牛久大仏の大みそか恒例の「修正会」が、12月31日(月)午後11時から開催される。
  2. 茨城出身のプロ野球選手が指導するチャリティー野球教室が、12月22日(土)牛久市の牛久運動公園野球場で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「まいりゅう」で手話身近に
  2. 「ひとりじゃない子育て」学ぶ
  3. 霞ケ浦湖上で楽しむ「初日の出クルーズ」
  4. 12月20日、落合陽一さんが講演
  5. 二人三脚、見いだす活路
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー