常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年10月) > 10月8日、地域の昔話テーマ「伝沼祭」
地図表示 印刷表示
2018年10月4日(木)

10月8日、地域の昔話テーマ「伝沼祭」

「カッパやキツネ」で来場歓迎

フェイスペイントを楽しむ参加者(2017年写す)
フェイスペイントを楽しむ参加者(2017年写す)

地域に語り継がれる昔話を楽しみながら知ってもらう伝沼祭(でんしょうさい)が、10月8日(祝)牛久沼水辺公園(龍ケ崎市佐貫町)で開かれる。午前10時〜午後4時。

牛久沼の名前の由来になったとされる「牛になった小坊主」、女化原を舞台にした「娘に化けた狐(きつね)の話」など牛久や龍ケ崎の一帯には数々の昔話が存在。これらになじみのない子どもや新住民らにも地域に興味を持ってほしいと、有志の実行委員会が2015年から開催。

当日は「カッパロウィン」と銘打ちカッパやキツネ、牛など地域の昔話にちなんだ仮装を来場者に呼び掛けるほか、フェイスペイントや体にワンポイントシールを貼るコーナーを設置。

牛久沼のいたずらカッパの物語「カッパ松」の絵本読み聞かせなどのステージ企画や龍ケ崎の伝統芸能・撞舞(つくまい)にちなんだお面作り体験を予定し、地元店の飲食・物販ブースも並ぶ。「地元の文化を知ってもらい、自分の住む街に愛着や誇りを持ってもらえたら」と実行委代表の若林和浩さん。

詳細はフェイスブックかHP(伝沼祭で検索)で。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-10-04 10:30:58 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-06-16更新 ]
  1. 多彩な活動を行うボランティアやNPO団体が集まる市民活動フェスタが、6月16日(日)つくばセンター広場で開かれる。
  2. プロ野球イースタン・リーグ公式戦「北海道日本ハムファイターズ対読売ジャイアンツ」が、6月22日(土)土浦市J:COMスタジアム土浦、23日(日)龍ケ崎市たつのこスタジアムで開催される。
  3. メロン生産量日本一の鉾田市で50年以上栽培に取り組む深作農園では、完熟メロンを7月下旬まで販売している。
  4. 龍ケ崎市の朝田紙店が主宰する「和紙おりがみ教室」作品展が、6月22日(土)・23日(日)三越牛久店アートギャラリーで開かれる。
  5. 筑波大学の学生が手作りした「小さなバラ園」がこのほど石岡市の県フラワーパークにお目見えし、来園者の目を楽しませている。
  6. つくば市内で毎月1回、吃音(きつおん)症の子ども対象の交流会を行ってきた「ゆうゆうゆう会」がこのほど筑波大学内に拠点を移し、学生らが主体となって運営を続けている。同会では「悩みを共有し仲間を見つけてほしい」と参加を呼び掛けている。
  7. 脳と「聞こえ」について学ぶセミナーが、6月17日(月)つくば国際会議場で開かれる。
  8. 建築中の現場で木の家づくりの正しい知識を学べる「家づくり体験会」が、6月15日(土)と16日(日)つくば市内の2会場で開かれる。
  9. まるやま牛久店主催の浴衣着付け教室が、6月21日(金)と28日(金)、29日(土)、7月6日(土)、20日(土)に開かれる。
  10. 新田次郎原作の小説『ある町の高い煙突』がこのほど映画化され、6月14日(金)からつくばで先行上映される。22日(土)からの全国ロードショーを前に、松村克弥監督と主人公の関根三郎を演じた井手麻渡さんが、「企業の良心」や「明治の若者」について語った。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 常陸国・小野小町文芸賞の歴代大賞作品展と墨流し作品展が、6月8日(土)〜16日(日)まで土浦まちかど蔵「大徳」で開かれる。
  2. 農地所有適格法人グリーンアグリかすみがうら事業所では、ソーラーハウスで栽培した「そーらー生きくらげ」の販売を開始した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. ギフトは完熟メロン
  2. 大人が楽しむ和紙おりがみ教室作品展
  3. 物語配した「小さなバラ園」制作
  4. 6月16日、市民活動フェスタ
  5. 6月15日と16日「家づくり体験会」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー