茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年5月) > 展示見直し、リニューアル
地図表示 印刷表示
2018年5月23日(水)

展示見直し、リニューアル

かすみがうら市水族館

円柱形水槽に泳ぐ「オイカワ」。まだ体長5〜6センチ程度だが、成魚になれば12〜15センチになる
円柱形水槽に泳ぐ「オイカワ」。まだ体長5〜6センチ程度だが、成魚になれば12〜15センチになる

かすみがうら市水族館(坂910-1)が、このほど展示内容を見直しリニューアル。霞ケ浦の魚類をメーンに紹介し、地域の自然環境について理解を深める「湖畔の学び舎(や)」を目指している。

約3週間の休館を経て4月中旬に再オープンした同館。以前は霞ケ浦の生き物に限らず昆虫やカメなども一緒に展示されていたが、このたび「お引っ越し」(同館)。既存施設を生かした展示替えと共に構成や配置を改め、霞ケ浦に生息する在来魚や外来魚、絶滅危惧種など約100種類を紹介している。

「モズクじゃないよ、モクズだよ。おいしいからよく食べられちゃうんだよね」(モクズガニ)、「昔は群れを成して泳いでいたんだよ」(ゼニタナゴ)といった具合に、水槽の生き物が自己紹介するような展示ラベルも新たに作成。「話し言葉を使うことで親しみやすく、分かりやすい展示構成にしました」と同館。

360度から観察可能な円柱水槽に泳ぐのは、比較的水の汚れに強いとされる「オイカワ」。「オイカワさえも生きていけなくなったら、霞ケ浦の他の魚たちも生きていけなくなってしまう」とシンボル的な存在に設定し、オリジナルキャラ「オイカワちゃん」も各コーナーを案内している。 入館料小中生150円、一般310円。月曜休館。

■問い合わせ
Tel 029(896)0722/同館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-05-23 09:30:50 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-08-14更新 ]
  1. 体験学習や懐かしい遊びを集めた「れきみん祭り」が、8月12日(日)龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれる。
  2. 障害がある人もない人も一緒に歌って踊り、すべての人が生きやすい社会について考える「むすびFES」が、8月17日(金)つくばカピオで開かれる。
  3. つくばエキスポセンターでは、「星空コンサート〜音楽とプラネタリウムのコラボレーション〜」を8月24日(金)開催する。
  4. つくばの夏の祭典「まつりつくば」が、8月25日(土)と26日(日)つくば駅周辺で開催される。
  5. 現実や想像上の生き物を描いた絵画展「楽しい絵画の水族館」が、8月14日(火)〜19日(日)県つくば市吾妻の県つくば美術館で開かれる。
  6. 常総ウォーターフェスが、8月11日(祝)正午から市民の広場で開かれる。
  7. 龍ケ崎の「パン・アトリエクレッセント」では、8月8日(水)〜12日(日)まで「夏のコッペパン祭り」を開催する。
  8. 趣味の専門店「JOYFUL-2」各店では、夏休みものづくり体験教室を実施している。
  9. 市民協賛ながら、競技大会に匹敵する高い芸術性で毎年10万人超が訪れる常総きぬ川花火大会。今年、約20年間大会を引っ張ってきた職員から若手にバトンが手渡されようとしている。後進に伝えたいのは、玉の数より一瞬の美。金額よりも熱意と情熱。そして、協賛者と市民への責任感。
  10. 夏の風物詩の盆踊りを楽しめる「龍ぼん祭」が、8月18日(土)龍ケ崎市文化会館駐車場で開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 帰省時や懐かしい人への夏の手土産として、どら焼き専門店・志ち乃(土浦市)の「どら焼きの詰め合わせ」が好評を得ている。
  2. みずほの村市場では、恒例の「ひまわり迷路&夏野菜収穫体験」を、8月26日(日)まで開催している。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. ガスパチョの作り方&アレンジランチコース
  2. 夏休みものづくり体験
  3. 8月24日「星空コンサート」
  4. まつりつくば2018
  5. 全日本テコンドー協会土浦支部
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー