常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年5月) > かすみがうらフラワーロード
印刷表示
2018年5月11日(金)

かすみがうらフラワーロード

花育てボランティア募集中

植栽を行う参加者
植栽を行う参加者

オレンジ色のマリーゴールドが続く「かすみがうら花のみち」

かすみがうら市市民協働課では、市内の道路沿いにマリーゴールドの苗を植える「花のボランティア」を市内外から募集している。

対象となる道路は通称「フラワーロード」と呼ばれる「市道西成井・神立線」。拡幅工事と道路脇を流れる用水路の地中化により殺風景になってしまった沿道を明るくしようと、同市緑化推進協議会(飯塚敏夫会長)と宍倉・新生集落の住民が1997年から花を植えている。

現在では市内外から160の企業・団体・個人が参加し、2.6キロの沿道に市内の花き農家が育てたマリーゴールドを植栽。初夏から10月上旬にかけて咲くオレンジの花が、ドライバーやウオーキング愛好家など道行く市民の目を楽しませている。

今回募集するボランティアは5月下旬から6月下旬にかけて植栽を行うほか、各自のスケジュールで草取りや枯れた花の片付けなどを行う。苗や肥料は市が提供する。

「参加者の高齢化で新規協力者を求めています。ご家族や友達同士、サークル仲間などで一緒に花を育てませんか。市外からの参加も大歓迎です」と同課の佐藤敦さん。5月24日(木)締め切り。

■申し込み・問い合わせ
Tel 029(897)1111/かすみがうら市市民協働課

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-05-11 09:30:21 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-01-24更新 ]
  1. 開所50周年を迎えた県立中央青年の家恒例の「ぬく森まつり」が、1月27日(日)に開かれる。
  2. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月26日(土)と27日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  3. 無病息災や豊作を願う小正月の火祭り・どんど焼きが、1月19日(土)つくば市小田の小田城跡歴史ひろばで行われる。
  4. オークラフロンティアホテルつくばのカフェテラス・カメリアでは「北海道ブッフェ」を2月16日(土)まで週末限定で実施している。
  5. 研究学園駅から徒歩3分の「キレイ総合研究所」が、2月末までオープンキャンペーンを実施している。
  6. 英語での幼児教育を実践しているキッズクリエーションつくばでは、「幼稚園コース年少クラス」と「未就園児クラス」の4月入園申し込みを受け付けている。
  7. つくば市内の住宅街に母娘が切り盛りするささやかな手作りカレー店が開店し、間もなく1年を迎える。自宅を改装した店のキッチンには、3年前に亡くなった小児外科医齋藤浩さんの写真が飾られ、「生きることは食べること」と料理を振る舞う母娘を傍らでいつも見守っている。
  8. 関鉄観光では、福島県の星野リゾート・アルツ磐梯スキー場への日帰りバスツアーを3月まで実施している。
  9. 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)では、お茶由来食品素材の睡眠改善効果に関する検査の被験者を募集している。
  10. 明治初期、日本の近代化を支えた名もなき女性たちの姿を描いた映画「紅い襷〜富岡製糸場物語〜」が、2月2日(土)午後2時から牛久市エスカードホールで上映される。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月26日(土)と27日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  2. 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)では、お茶由来食品素材の睡眠改善効果に関する検査の被験者を募集している。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 4月入園申し込み受け付け中
  2. 日帰りスキーツアー
  3. キャンペーン実施中
  4. 北のおいしさを満喫「北海道ブッフェ」
  5. 「ぬく森まつり」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー