常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年5月) > 5月12日から「絹本著色十六羅漢像」複製公開
地図表示 印刷表示
2018年5月10日(木)

5月12日から「絹本著色十六羅漢像」複製公開

国指定重要文化財の名品

複製された「絹本著色十六羅漢像」の一部
複製された「絹本著色十六羅漢像」の一部

龍ケ崎市若柴町の金龍寺に伝わる国指定重要文化財「絹本著色(けんぽんちゃくしょく)十六羅漢像」の複製4幅が、5月12日(土)〜27日(日)まで同市歴史民俗資料館で展示されている。入場無料。

曹洞宗の開祖・道元が中国での修行から帰国する際に南宋の理宗皇帝から贈られたと伝えられる書画は、2011年水戸市の県立歴史館に寄託。写実的な「李龍眠様」で描かれ、衣装などには金泥で細かな模様が施されている。

保存状態の良さもあり1917年に国の重要文化財に指定されたが「地元に伝わる貴重な文化財を広く市民に知ってもらおう」と龍ケ崎市が複製の作成を計画し、昨年10月から約5カ月をかけて全16幅中4幅を作成した。

ほこりも読み取るほど高解像度のスキャナーで絵を読み取り、絹地に文化財専用のデジタル技術で転写。さらに職人が手作業で金などを補色した。表装も文様を再現した織物で「複製とはいえ非常に精巧で、一見の価値があります」と同市文化・生涯学習課。

20日(日)午後1時半には県立歴史館学芸員の田中伸吾さんを講師に迎え、作品解説と複製までを語る講演会も開かれる。参加無料、要申し込み(先着50人)。月曜休館。

■申し込み・問い合わせ
Tel 0297(64)1111/同課

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-05-10 09:30:44 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-10-20更新 ]
  1. 親子で楽しめるイベント満載の「ガス展2018・ウチ住まるごと大感謝祭」が、10月20日(土)と21日(日)土浦市西口のうらら大屋根広場で開かれる。
  2. つくば市の手づくりパンの店「パンドラ」の開店10周年感謝祭が、10月20日(土)と21日(日)に開かれる。
  3. 「手打更科蕎麦処さらしなの里」では、常陸秋そばの挽きぐるみを使った「鴨南ばん」を提供している。
  4. 全国各地のご当地ヨーグルトが小美玉市に集まるイベントが、10月20日(土)・21日(日)四季の里で開かれる。
  5. 「HIMITSUKICHI FURNITURE & GENERAL STORE」は、アクメファニチャーやジャーナルスタンダードファニチャーなどの家具や照明器具、雑貨、ガーデングッズなどが豊富にそろう人気店。
  6. 「洋食 大かわ」に、期間限定の大人気メニュー「カキフライ」(1,080円)が満を持して今年も登場した。
  7. 「ガーデンレストラン樹音」では、季節の移ろいを感じる庭園を眺めながら寛ぎのひとときを過ごせる。
  8. 土浦地方卸売市場では、市民向けの感謝市「いかっぺ市」を10月20日(土)に開催する。
  9. つくば市春日にある「茶の木村園」では、希少糖入りの「とろりん茶」を通年で提供している。
  10. ゆっくり石臼で丁寧に自家製粉する「福乃家」で新そばを堪能できる季節が到来。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 「シュラスコB」では、直火焼きの牛・豚・鶏を目の前で切り分ける豪快なスタイルのブラジル料理を提供している。
  2. ゆっくり石臼で丁寧に自家製粉する「福乃家」で新そばを堪能できる季節が到来。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. お腹も心も温まる「鴨南ばん」
  2. パンドラ10周年祭り
  3. 「ウチ住まるごと大感謝祭」
  4. 「住活祭」開催中
  5. 地元食材を生かした創作フレンチ
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー