常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年4月) > 浮世絵師・昇斎の「東京名所三十六戯撰」
地図表示 印刷表示
2018年4月17日(火)

浮世絵師・昇斎の「東京名所三十六戯撰」

4月27日まで、筑波大で展示中

上野山王山
上野山王山

浮世絵師昇斎一景(しょうさいいっけい)の作品から文明開花直後の庶民のユーモアや非日常を読み解く企画展が、4月27日(金)まで筑波大学図書館情報学図書館で開かれている。入場無料。午前9時〜午後5時(平日のみ)。

美的景観を描く従来の浮世絵に対し、笑いが目的の「戯画」は、江戸末期から明治初期にかけ複数のシリーズものが刊行。今展では歌川広重の門人とされる昇斎が明治5年〜6年位かけて描いた「東京名所三十六戯撰」をひも解く。

花見でのドタバタを描いた作品では、隅田川や上野山などの宴会で泥酔したり、ふんどし姿で「すってんころり」するなど現代の喜劇やコントにも通じる庶民が描かれる。

鎌倉河岸の作品は、犬に吠えられごみを散らかした男性を異人が笑うという図。傍らの建物には「牛肉」の旗がなびき、「文明開化がどの程度庶民に浸透しているかの重要な資料にもなっている」と同大大学院図書館情報メディア研究科の綿抜豊昭教授。

そのほか、日本橋で油をこぼして盛大にずっこける町人を笑う洋装した人、風呂屋の二階からお茶をこぼす男性などが並び、「人の不幸を笑うことに、とても寛容だった時代を描いた作品ばかり。今だからこそ見る価値があるかもしれません」と綿抜さん。

■問い合わせ
Tel 029(859)1200/同館(つくば市春日1-2)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-04-17 08:30:14 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-04-21更新 ]
  1. 筑波大学を卒業し、竹細工制作を始めて2年余りの橋本千菜美さんは、身ひとつで歩いた学生時代の貧乏旅行経験も手伝って、安定よりも「自分が好きだと思えることがしたい」と竹細工の世界に飛び込んだ。現在は筑波山麓の農場で働きながら作品を制作。昔に比べ竹細工の需要は激減しているが、地域住民との縁に頼りながら「ミニマムな生活」を楽しんでいる。
  2. 牛久市にある「焼菓子家 泉」は、旬の果物や野菜を使った焼き菓子の店。
  3. 土浦市東真鍋から2017年同市生田町へ移転したパン工房「T-LAMP」。つくばからも訪れやすくなり、今まで以上にパン好きの支持を集めている。
  4. 喫茶処あん庵の4周年記念祭が、4月21日(土)と22日(日)に開かれる。
  5. この時期だけ楽しめる大人気の「オムハヤシ」(サラダ付き1,080円)が、4月14日から登場!
  6. 木漏れ日が降りそそぐ爽やかなフレンチレストラン「樹音」。
  7. 四季折々で上品かつ優しい味の菓子が並ぶ、創業120年の老舗和菓子店。
  8. 「薄利多買」がモットーのつくばや質店では、確かな鑑定力と適正査定で、利用者の好評を得ている。
  9. 落ち着いたフィッティングルームが自慢の眼鏡店「GRAN GLASSES」が、このほどつくば市学園の森にオープンした。
  10. 取手市内の古墳にスポットを当てた企画展が、4月22日(日)まで同市埋蔵文化財センターで開かれている。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 土浦市東真鍋から2017年同市生田町へ移転したパン工房「T-LAMP」。つくばからも訪れやすくなり、今まで以上にパン好きの支持を集めている。
  2. 牛久市にある「焼菓子家 泉」は、旬の果物や野菜を使った焼き菓子の店。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 提案型インテリアショップ
  2. おいしさと健康、手軽に取れる
  3. 相場情報と買い取り実績公開
  4. 4月27日、筑波大学「みんラボ」
  5. 昼はバラ園、夜はライブを満喫!
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー