常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年4月) > 浮世絵師・昇斎の「東京名所三十六戯撰」
地図表示 印刷表示
2018年4月17日(火)

浮世絵師・昇斎の「東京名所三十六戯撰」

4月27日まで、筑波大で展示中

上野山王山
上野山王山

浮世絵師昇斎一景(しょうさいいっけい)の作品から文明開花直後の庶民のユーモアや非日常を読み解く企画展が、4月27日(金)まで筑波大学図書館情報学図書館で開かれている。入場無料。午前9時〜午後5時(平日のみ)。

美的景観を描く従来の浮世絵に対し、笑いが目的の「戯画」は、江戸末期から明治初期にかけ複数のシリーズものが刊行。今展では歌川広重の門人とされる昇斎が明治5年〜6年位かけて描いた「東京名所三十六戯撰」をひも解く。

花見でのドタバタを描いた作品では、隅田川や上野山などの宴会で泥酔したり、ふんどし姿で「すってんころり」するなど現代の喜劇やコントにも通じる庶民が描かれる。

鎌倉河岸の作品は、犬に吠えられごみを散らかした男性を異人が笑うという図。傍らの建物には「牛肉」の旗がなびき、「文明開化がどの程度庶民に浸透しているかの重要な資料にもなっている」と同大大学院図書館情報メディア研究科の綿抜豊昭教授。

そのほか、日本橋で油をこぼして盛大にずっこける町人を笑う洋装した人、風呂屋の二階からお茶をこぼす男性などが並び、「人の不幸を笑うことに、とても寛容だった時代を描いた作品ばかり。今だからこそ見る価値があるかもしれません」と綿抜さん。

■問い合わせ
Tel 029(859)1200/同館(つくば市春日1-2)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-04-17 08:30:14 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-03-20更新 ]
  1. 土浦市の「花火」と「桜」をモチーフにしたプロジェクションマッピングが、3月22日(金)と23日(土)同市役所本庁舎東側壁面に投影される。
  2. オリンピック金メダリストと起業家が夢を持つ大切さを語る講演会が、3月24日(日)午後1時半からつくば国際会議場で開かれる。
  3. つくば市の農産物直売所・みずほの村市場が、恒例の「みずほの日」を3月23日(土)と24日(日)実施する。
  4. 土浦桜まつりが、3月23日(土)〜4月7日(日)まで土浦市内亀城公園ほかで開かれる。
  5. 阿見町の桜の名所を観光ガイドと散策するウオーキングイベントが、3月30日(土)阿見町役場駐車場発着で開かれる。
  6. つくば市では、スタートアップの交流・活動拠点として再整備を進める市産業振興センター内のカフェ事業者を3月29日(金)まで募集している。
  7. 自社生産による生そばと讃岐うどんが好評の「常陸秋そば・日東農場」では、毎月21日(日祝日の場合翌日)を「ニットーの日」とし人気メニューを特価提供している。
  8. 2015年4月の生活困窮者自立支援法施行以来、今やほとんどの市町村で実施されている「無料塾」。県内でも早くからスタートした龍ケ崎市内の塾でボランティアを行った女子高生と同所から初めて社会人となる男子高生が、この春巣立ちの時を迎える。
  9. 肝臓病について学ぶ講座が、3月16日(土)午後1時半から阿見町の東京医科大学茨城医療センター・医療福祉研究センターで開かれる。
  10. つくば市のテクノパーク桜地区に点在するカエルのモニュメントを楽しく紹介する街歩きマップがこのほど完成。作成の中心となった「テクノパーク桜まちづくりを考える会」は、地域の魅力を広める資料としてイベントなどに活用していく。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. オリンピック金メダリストと起業家が夢を持つ大切さを語る講演会が、3月24日(日)午後1時半からつくば国際会議場で開かれる。
  2. 土浦市の「花火」と「桜」をモチーフにしたプロジェクションマッピングが、3月22日(金)と23日(土)同市役所本庁舎東側壁面に投影される。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「カフェ事業者」募集中
  2. 「土浦桜まつり」
  3. 阿見桜ウオーキング
  4. みずほの日〜震災を忘れない〜
  5. 「夢」についての講演会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー