茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年3月) > 5月からホームビジター養成講座 参加者募集中
地図表示 印刷表示
2018年3月5日(月)

5月からホームビジター養成講座 参加者募集中

「孤育て」に先輩ママの共感力

孤独な子育てで悩む母親の話しに耳を傾ける「ホームビジター養成講座」が始まるのを前に、主催するNPOでは受講生を募集している。

母親向けにおしゃべりサロンや訪問型育児支援(ホームスタート)を行うNPO法人kosodateはぐはぐが主催。今年度の利用者は1月末までで31人と徐々にニーズは高まっているが、ボランティア不足が課題となっている。

スタッフの梅山恵子さんは、「徐々に若い母親の表情が和らぐ」のがやりがいだという。「うちの子はもう大きいので、赤ちゃんに会えるのも楽しみの一つ」。正解がない子育ての中で「このやり方で合っているの?」「二人目が生まれてからうまくいかない」「近所に知り合いがいない」などの声に対し、ホームビジターは自分の経験談を必要に応じて語るだけで、何かを指導したりはしない。

同NPOでは「女性の持つ共感力が一番大事。ご自身の子育ての経験を生かしてみませんか」と受講を呼び掛けている。詳細は次の通り。

▽日時=5月14日〜6月25日の毎週月曜日(全7回)午前9時〜午後3時15分▽場所=つくば市子育て支援センター(金田1979)▽定員=12人▽内容=ホームスタートの役割と意義、現代家庭の状況、子どもの発達・障害・人権・関わり方、傾聴と協働、地域の支援体制など▽受講料無料。

■希望者は連絡先を明記してメールかファクスで申し込む。
Fax 029(859)0736

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-03-05 08:30:00 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-06-24更新 ]
  1. 昭和初期から40年代頃の「きく」「みる」道具70点を集めた収蔵品展が、7月1日(日)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  2. レストラン・ミルフルールでは、開店12周年記念の「周年祭コース」を7月31日(火)まで謝恩価格で提供している。
  3. 障がい者の労働支援プログラムを提供する「夢実現カンパニー」が、このほどつくば市上郷にオープン。働く意欲があり軽作業がこなせる18歳〜65歳の障がい者(精神・知的)を募集している。
  4. 夏の味覚スイカとメロンを中心に阿見町の魅力を紹介する「まい・あみ・マルシェ」が、7月1日(日)予科練平和記念館ほかで開かれる。
  5. 土浦市立博物館では、昔ながらの「はたおり」体験教室を7月21日までの毎週土曜日に開講している。
  6. 雄大な水平線が臨めるオーシャンリゾート「小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブ」では、夏のファミリー応援1泊2食付き宿泊プランを7月1日(日)〜8月31日(金)まで実施している。
  7. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  8. メロン生産量日本一の鉾田市で50年以上栽培に取り組む深作農園では、完熟メロンを7月下旬まで直売している。
  9. 世界卓球選手権などで活躍する平野美宇選手の母で指導者の平野真理子さんを迎えた講演会が、6月28日(木)つくば市のノバホールで開かれる。
  10. 龍ケ崎市のカフェダイニング・ケイジーノでは、7月31日(火)までのディナータイムに「夏の夜の特別フェア」を実施している。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  2. さまざまな砂について学ぶ小学生向けの催しが、6月23日(土)地質標本館で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 6月30日・7月1日・6日、一日浴衣着付け教室
  2. 夏のファミリー応援宿泊プラン
  3. 6月30日にホームゲーム つくばFC男女チーム
  4. 7月1日まで、「きく・みる」道具展
  5. つくばと土浦で家づくり大相談会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー