常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年3月) > 日本人の心を学ぶ「おもてなし講座」
地図表示 印刷表示
2018年3月7日(水)

日本人の心を学ぶ「おもてなし講座」

参加者募集中

日本の伝統的な文化や作法、古くから伝わる日本人の心や考え方を学び国際人育成を目指す講座が、4月20日(金)からTX研究学園駅前公園内のつくばスタイル館で開かれる。

講師は池坊師範で裏千家茶道家準教授の中島宗春さん。6月8日(金)までの毎週金曜午前10時〜正午に和室の礼儀作法や抹茶のたて方、香の聞き方、花の入れ方、短歌の作り方、茶事の懐石料理の作法(7回と8回は午後も開催)を学ぶ。受講料8000円、材料費1500円程度(初回2000円)、定員20人。英語講義可。

参加希望者は往復はがきに講座名と住所、氏名、電話番号を明記し郵送するか、電話で申し込む(4月16日(月)締め切り)。

■問い合わせ
Tel 029(849)5060/筑波都市整備

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-03-07 08:30:21 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-09-25更新 ]
  1. 消防士の仕事に触れ、学び、体験できるイベントが、9月22日(土)土浦市消防本部屋外訓練場で行われる。
  2. つくば市柴崎の専門学校つくば自動車大学校の「tact祭」が9月22日(土)に開かれる。
  3. 世界的なジャズピアニストのトニーサッグスが出演するジャズイベントが、9月29日(土)午後3時からWaiwaiドームしもつまで開かれる。
  4. 10月に本県で開催される世界湖沼会議を前に“泳げる霞ケ浦”を広くアピールするトライアスロン大会が、9月23日(祝)土浦新港発着コースで行われる。
  5. 「きて、みて、さわってコキアカーニバル」が、10月21日(日)までひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開かれている。
  6. 美しい色調と丈夫さから国会議事堂や東京駅などにも使われている稲田石。笠間市内の採掘現場にある石室や石に皆で絵を描こうという試みが、今年6月から始まっている。企画したのは石岡市在住の日本画家秋元了典さん。中国国内で同様のプロジェクトに携わった経験を生かし、「参加者が絵画を通して同じ夢を見てほしい」と石壁に向き合っている。
  7. 土浦市の磯山自動車販売では、トラック全般の売買ほか重機、不動車などの高価買い取りを行っている。
  8. 子育て中の母親らを対象にカレンダー作りとトークを楽しむイベントが、9月28日(金)つくばみらい市紫峰ケ丘のみらい平コミュニティセンターで開かれる。
  9. 活魚・江戸前寿し龍では「秋の収穫祭」と題し、旬を迎えたサンマやマツタケなどを使った秋季限定メニューを10月8日(祝)まで提供している。
  10. 定番から最近の人気作まで2万冊を超える本を所蔵する龍ケ崎市の漫画図書館「まいん」が、9月30日(日)閉館する。市民交流や中心市街地の活性化などを目的に商店街の一角に開設されたが、「一定の役目を終えた」として今後健康づくり施設に生まれ変わる。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. つくば市竹園に「中津からあげ総本家もり山つくば竹園店」がこのほどオープンし、9月17日(祝)まで開店記念セールを実施している。
  2. 関東・東北豪雨から10日で3年を迎えるのを前に、常総市の復興に関わったボランティア団体が先月下旬、西日本豪雨で被災した広島県に向かった。常総で培った経験を携え、「あの時」の恩返しに向かったチームに同行取材。水害の恐ろしさと事前の避難計画の大切さを改めて強く感じた。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「世界に一つだけ」カレンダー作り
  2. ひたち海浜公園で「コキアカーニバル」
  3. 下妻恒例「野外ジャズフェス」
  4. 壁画アート、開始4カ月
  5. 今月末、18年の歴史に幕
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー