常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > 皆で考え、拓けるルート
2018年1月22日(月)

皆で考え、拓けるルート

夢は登り続けること 筑波技術大学ロッククライミングサークル

筑波技術大学(大越教夫学長)に通う視覚障害者の学生3人が、1月28日(日)に都内で開かれるパラクライミング日本選手権に出場する。昨年秋、学内に設置されたボルダリング壁を舞台に、互いに助け合いながら文字通り手探りで登はんルートを探していく3人。何度も間違えながら登り続けることで、それぞれの頂を目指している。


色紙に書いた文字は「考える」。左から泉さん、曾田さん、星野さん。

「10時、左。9時、次は8時、ちょい下。次は右、2時。もっと上…」

底冷えする体育館に、星野隼人さん(21)がオブザベーションする声が響く。オブザベとは、壁に突き出たどのホールドをつかみ、どこに足を置くかと迷う時間をできるだけ減らし、無駄に体力を消耗しないために行う事前観察のこと。晴眼者は自分の目でコースを容易にイメージできるが、3人にそれはできない。

幅6メートル×高さ4メートル、90度と103度の傾斜がある学内の壁を、星野さんのオブザベで曾田祥さん(21)が登っていく。星野さんは視界の真ん中が見えない中心暗点で、曾田さんは両目共ほとんど見えない。「だから、皆で考えて一緒に登っているようなもの」と星野さん。

傍らの泉隼樹さん(21)は星野さんとは逆に視界の周りが見えないが、競技を始めて半年で今回初めて大会に出る。仲間同士、コースや位置取り、体の使い方などを試行錯誤する時間が、真冬の体育館にゆっくりと流れていく。

世界大会3連覇

パラクライミング界で、曾田さんは早くから頭角を現した。先天性レーベル黒内障で、成長と共に視力が低下。見えなくなった時のことは、割とはっきり覚えている。中2の時、大好きなロックバンド「リンキン・パーク」のライブ動画を見ていた時に右目が暗くなった。左目は都内の盲学校に通っていた17歳の頃。勝鬨橋のたもとで夜釣りをしていた時に光を失った。

それでも、ずっと続けてきたのがクライミングだった。中学から本格的に始め、山梨の実家から相模原や八王子のクライミングジムに通った。大人に交じって数多くの大会にも出場したが、順位よりも「いかに自分が思い描いたルート通りに壁に挑戦できたか」が大事だった。15歳で初めて日本代表に選ばれると、IFSCクライミング世界選手権スペイン大会カテゴリーB2(強度弱視)で優勝。

試合は毎回初見のルートだが、事前にホールドや傾斜、コースのイメージを音声テープで聴き、晴眼者のコーチと作戦を練った。イメージ通りに手足が掛かることもあれば、握力が落ちて落下することもある。自分の体格や柔軟性、残りの持久力などを勘案し、時間内にゴールまで最短のルートを探す。「本当に頭使いますよ。将棋みたい」。続く14年、16年の世界大会も制し、3連覇を果たしている。

失敗して、相談する


世界選手権3連覇中の曾田祥さん。まるで見えているかのように次のホールドをつかみ、ゴールを目指す。

2015年のサークル立ち上げ当初は電車やバスを乗り継ぎ、つくばや常総のジムで練習した。「お金も時間も掛かりました」と苦笑する星野さん。

今年になって週2回学内で練習できるようになったが、「あそこの壁の、あのグレードにトライしたい」という欲には勝てず、しばしば遠征する。

実力は曾田さんが飛び抜けているが、他の二人が迷っている様子を肌で感じ取っても、すぐに答えは示さないという。泉さんは言う。「登れなかった時に、次どうするか仲間と一緒に考えることが楽しいから」。曾田さんの夢はクライマーとして強くなることだが、「本当のところは自分でもよく分からない。でも、今がめっちゃ楽しいんです」。

パラクライミング日本選手権は、1月28日(日)明治大学和泉キャンパス総合体育館で開かれる。

関連コンテンツ
Ads by Google


グルメムック「この店とまれ」
最新の一面記事
  1. 夢をつかんで、手渡して
  2. 「コーヒー一杯」から街へ出よう
  3. 「子どもたちに、一冊でも多く」
  4. ボール追える喜び胸に
  5. 母として監督として「育てる」責任胸に奮闘中
注目の記事
  1. 土浦市立図書館の駅前移転・開館1周年を記念する催しが、11月21日(水)〜27日(火)同館で開かれる。多彩な企画を詰め込み、同館担当者は「来たことがない方が新たに来館するきっかけになれば」と話す。
  2. 常陽リビング社では、「常陽リビング」読者に向けたイベント「大人のプレミアムセミナー」を11月22日(木)つくば山水亭で開催する。予約制、参加無料。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 夫に支えられ、ミシンに向き合う
  2. 瀬地山角さん講演会
  3. 開店5周年の感謝祭
  4. 小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブ
  5. 11月26日、客船クルーズ説明会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング