常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年1月) > 阿見でシベリア強制抑留展
地図表示 印刷表示
2018年1月30日(火)

阿見でシベリア強制抑留展

労苦の記憶、後世に伝える

抑留者が手作りした木製のマージャン牌(手前)や飯ごうなど、収容所での日々を伝える展示品
抑留者が手作りした木製のマージャン牌(手前)や飯ごうなど、収容所での日々を伝える展示品

第二次世界大戦後のシベリア強制抑留に関する企画展が、3月18日(日)まで阿見町の予科練平和記念館で開かれている。午前9時〜午後5時(最終入館4時半)。入場無料。

1945年(昭和20)8月、対日宣戦布告を行ったソ連軍は、ポツダム宣言受諾で武装解除された日本軍や満州国の官吏、民間人を領内に連行。ソビエト全土に1200〜300あった収容所には57万5000人が抑留され、森林伐採や炭鉱労働、鉄道敷設などに従事。過酷な生活で約5万5000人が命を落とした。

抑留生活は日本が独立を回復した昭和27年以降も続き、最後の引き揚げ船が舞鶴港に着いたのは終戦から11年後の昭和31年12月だった。

展示では(一財)全国強制抑留者協会が保有する資料を基に収容所での生活を紹介。粗末な防寒着や継ぎはぎだらけの手袋、伐採に使ったおのやのこぎり、収容者に共産主義礼賛の思想教育を行った「日本新聞」なども展示。

元抑留者が描いた絵のパネル展示では、馬小屋を改築した収容所の二段ベッドに詰め込まれる兵士の様子やソ連兵を相手に自らの金歯とパンを交換する場面などが描かれるなど、苛烈な収容生活の一端を垣間見ることができる。月曜休館。

■問い合わせ
Tel 029(891)3344/同館(阿見町廻戸5-1)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-01-30 10:30:54 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-08-20更新 ]
  1. かすみがうら市中志筑にあるヒマワリ畑を舞台にした野外コンサートが、8月18日(土)に開かれる。
  2. 闇に浮かぶ幻想的な明かりが楽しめる万灯夏まつりが、8月18日(土)つくば市の平沢官衙遺跡で開かれる。
  3. アルルホームズの注文住宅完成見学会が、8月18日(土)と19日(日)土浦市と龍ケ崎市内で開かれる。
  4. 住民と大学生が連携して地域を盛り上げる「お笑い会」が、8月19日(日)ふれあいサロンみどりの風で開かれる。
  5. 結婚や子育て、介護を機に離職した女性が社会復帰を目指すための支援セミナーが、9月11日(火)からイオンタウン守谷2階コミュニティホールで開かれる。
  6. プロ野球イースタン・リーグ「北海道日本ハムファイターズ対東北楽天ゴールデンイーグルス」戦が、9月1日(土)牛久運動公園野球場で開催される。
  7. 8月18日にインドネシア・ジャカルタで開幕するアジア競技大会女子400メートルリレーに、つくば市在住の世古和さんが出場する。乗馬で培ったバランス感覚に加え、平常心で競技に臨もうとメンタル面も強化。154センチと小柄ながら持ち味のスタートダッシュを武器に、晴れ舞台を駆け抜ける。
  8. 県南で不動産賃貸・売買・管理を手掛ける大上エステートが、このほど不動産仲介ネットワーク最大手の「センチュリー21」に加盟した。
  9. 阿見町の昔話に耳を傾ける小中学生向けのイベントが、8月18日(土)予科練平和記念館で開かれる。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. つくばエキスポセンターでは、「星空コンサート〜音楽とプラネタリウムのコラボレーション〜」を8月24日(金)開催する。
  2. つくばの夏の祭典「まつりつくば」が、8月25日(土)と26日(日)つくば駅周辺で開催される。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. イースタン・リーグ公式戦 日本ハム対楽天
  2. 女性のための社会復帰支援セミナー
  3. 8月19日、つくばで緑風亭お笑い会
  4. 乗り越えた先に見えたもの
  5. 闇に浮かぶ幻想的な明かり
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー