常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年1月) > 2月から「ドローン講座」
地図表示 印刷表示
2018年1月5日(金)

2月から「ドローン講座」

筑波研究学園専門学校

さまざまな分野での利用が注目されるドローンの操縦から運航管理までを学べる「JUIDA認定講座」が、2月から筑波研究学園専門学校(土浦市上高津)で開かれる。内容は次の通り。

▽ドローン操縦士コース=2月3日(土)・10日(土)・17日(土)・24日(土)・3月3日(土)の5日間。各日とも午前9時〜11時50分(座学)、午後1時〜3時50分(実技)。最終日の3月3日は午前に試験対策を実施し、午後から筆記・実技試験が行われる。受講料30万円。定員5人。受講者にはトイドローンのプレゼントほか、DJI社製ドローン(同講座指定機種)購入の10万円補助制度がある。

▽ドローン安全運航管理者コース=3月10日(土)午前9時〜3時50分。受講料5万円。定員5人。

なお、1月10日(水)午前10時〜と午後2時〜、11日(木)午後6時半〜、13日(土)午前10時〜(各1時間)同校で無料説明会が実施される(要予約)。

■申し込み・問い合わせ
Tel 029(822)2452/筑波研究学園専門学校・坂上さん、伊能さん

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-01-05 08:30:15 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-06-18更新 ]
  1. 夏の味覚スイカとメロンを中心に阿見町の魅力を紹介する「まい・あみ・マルシェ」が、7月1日(日)予科練平和記念館ほかで開かれる。
  2. アニメキャラなどをラッピングした「痛車」の展示やコスプレ撮影を楽しめる催しが、6月17日(日)下妻市のWaiwaiドームしもつまで開かれる。
  3. さまざまなボランティアやNPO団体が集合する市民活動フェスタが、6月17日(日)つくばセンター広場で行われる。
  4. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  5. 筑波山周辺でここ数年、イノシシなど「有害鳥獣」による被害が深刻化している。北条米で有名なつくば市の山麓地域では一昨年度の農作物被害が年間3千万円、八郷地区を有する石岡市内では9年前に比べ捕獲数が約18倍と激増。周辺自治体の情報交換や猟友会と市民の連携など、地域一体で問題に取り組む必要性が急務となっている。
  6. さまざまな砂について学ぶ小学生向けの催しが、6月23日(土)地質標本館で開かれる。
  7. 新鮮野菜が並ぶ朝市が、6月17日(日)常総市の市民の広場で開かれる。
  8. 嚥下について深く学ぶ講演会が、6月22日(金)筑波大学総合研究棟A110室で開かれる。
  9. オークラフロンティアホテルつくばの開業35周年記念イベント第2弾「琉球まつり沖縄・エイサー&ディナーバイキング」が、8月4日(土)午後6時から開かれる。
  10. 親子で楽しめる「ちびっこアート体験」が、6月24日(日)茨城県立児童センター・こどもの城で行われる。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  2. さまざまな砂について学ぶ小学生向けの催しが、6月23日(土)地質標本館で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 初夏のまい・あみ・マルシェ
  2. 7月15日と16日、専門家の個別相談会
  3. 生活脅かすイノシシ被害
  4. 嚥下を学ぶ 講演会
  5. 石岡の地酒勢ぞろいイベント
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー