茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > 折って、結んで、手渡して #包む
2017年12月4日(月)

折って、結んで、手渡して #包む

簡単&おしゃれなボトルラッピング

折って、結んで、手渡して#包む

色とりどりのイルミネーションが街を彩る12月の最大のイベントといえばやっぱり「クリスマス」。大切な人のために選んだとっておきのプレゼントを、今年は自分でラッピングしてみませんか。掛ける「時間」と「手間」が、相手を思う気持ちを一層高めてくれます。

簡単&おしゃれなボトルラッピング


県南各地で教室を開催するラッピング協会認定校講師・雨宮由利子さんにさまざまなギフトラッピングのコツやポイントを教えてもらいました。

    【用意するもの】
  • 相手の好みに合わせてセレクトしたボトルワイン
  • 不織布(赤・緑)
  • お好みのリボン
  • はさみ、輪ゴム、両面テープなど


ワインボトル2周分の不織布を用意。底の部分はシェル包みで織り込みます。巻き終わりにモミの木の形に切った緑の不織布を貼り付け。

ボトルの口よりはみ出た部分は切り落としますが、捨てずに飾りに使いましょう。ボトルの首に、余った不織布でフリルを作り、好みのリボンを結んで飾り付け。

ボトルの首に、余った不織布でフリルを作り、好みのリボンを結んで飾り付け。玉結びを作らず、するりと解けるように結ぶのがこつ。贈った相手にリボンを切らせない思いやりです。



はさみの背などでしごくとカールするものや、ワンタッチでループが作れるものなどさまざまなリボンやひもが販売されていますが、あれこれそろえなくても大丈夫。

包装紙にこだわるなどアイデア次第で心のこもったクリスマスプレゼントを演出できちゃいます。

大切なのは、贈る相手の好みを考えてリボンの色や素材を選ぶこと。喜ぶ顔を想像して包んでいると、あっという間に時間は過ぎていきます。

丁寧に、楽しみながら仕上げてみてくださいね。

アイデアひとつで無限大


お子さん向けのぬいぐるみは、顔を覗かせるのがポイント。不織布やラッピング用のフイルムで包んで首元を飾りましょう。

手作り菓子はかわいいペーパーナプキンなどでキャンディー状にくるんで、オーナメントのようにツリーに下げてもキュート。

パーティー帰りのプチギフトにしても喜ばれます。

取材協力:オリトモ

詳しい作り方は、常陽リビングのカルチャー教室のブログでご紹介しています。

https://ameblo.jp/living-culture/

常陽リビングクリスマス特集2017
関連コンテンツ
Ads by Google


公文式春日教室
最新の一面記事
  1. 光の芸術、伝統花火の世界
  2. 八郷地区つなぐ“地域の縁側”
  3. 秋に絵本作家デビュー 小林由季さん
  4. 県内の軟式野球スポ少、団員減少
  5. 生活脅かすイノシシ被害
注目の記事
  1. ホテルベストランド1階のレストラン「ラ ポルタ」の朝食ビュッフェが、このほどリニューアルした。
  2. 例年より早めの開花を迎えた約1万2000本のヤマユリを楽しむ催しが、7月22日(日)まで石岡市の茨城県フラワーパークで開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「StyleDesign」つくばスタジオ1周年
  2. 茨城YMCAが利用者募集中
  3. ブルーベリー狩りで婚活パーティー 参加男女募集
  4. 7月21日「分離発注方式」勉強会
  5. 7月19日から夏物セール
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング