茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年12月) > 新撰組参謀 伊東甲子太郎
地図表示 印刷表示
2017年12月6日(水)

新撰組参謀 伊東甲子太郎

没後150年で特別展

面長の顔や切れ長の目は、幕末に流行した写真を基にしたと推測されている
面長の顔や切れ長の目は、幕末に流行した写真を基にしたと推測されている

かすみがうら市出身の新撰組隊士伊東甲子太郎(かしたろう)を支えた人々を追った特別展が、2018年3月4日(日)まで同市歴史博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

坂本竜馬暗殺の3日後、京都の油小路で倒れた甲子太郎の没後150年を記念する同展では、有名な肖像画の讃を書いた本堂家家臣の小川教(きょう)と金澤鎗次郎に着目。「よくぞ新しい時代の礎をつくってくれた」と甲子太郎を激賞した小川は維新後、真壁地方の教育に尽力し、甲子太郎が跡を継いだ江戸の伊東道場で学問と剣術を学んだ鎗次郎を迎え入れた。

鎗次郎は1903(明治36)、産声を上げたばかりの土浦二高初代校長に就任。今回展示されている『茨城教育家評伝』には「教育の金澤と県下に称えられる」と記されている。

そのほか、石岡の鈴木家(甲子太郎の出生名は鈴木大蔵)からこのほど見つかった甲子太郎の位牌や1864年(元治元)新撰組第一次隊士募集で集まった志士の名簿、弟の鈴木三木三郎や妹よし、そして生涯息子の行く末を案じた母古代の手紙などが並ぶ。一般210円、小中生100円。

■問い合わせ
Tel 029(896)0017/同館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-12-06 10:30:30 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-12-16更新 ]
  1. 収穫と芸術の秋を楽しむ秋祭り(収穫彩)が、12月16日(土)牛久市の女化青年研修所で開かれる。
  2. NPO法人チャリティーサンタつくばでは、12月24日(日)のクリスマスイブの夜に「サンタクロースを家に呼びたい」という一般家庭を17日(日)まで募集している。
  3. 完全予約制のステーキダイニング「和牛ステーキひたち」が、このほどつくば市花室の土浦学園線沿いにオープンした。
  4. つくば市市民活動センターでは、センター広場周辺をにぎやかに演出する「1本からのクリスマス」イルミネーションを12月20日(水)〜25日(月)まで点灯する。
  5. つくば市小田の宝篋山麓で布教や弱者救済に尽力した鎌倉時代の高僧・忍性の生誕800年を記念する講演会が、12月16日(土)つくば市役所で開かれる。
  6. 関東・東北豪雨で決壊した常総市三坂地区一帯に完成した堤防の土手を歩くウオーキングイベントが、12月10日(日)に開かれる。
  7. 土浦市の八坂通り入り口にある自転車店併設の「リルコーヒー」では、このほど新メニューとして「焼き芋」の提供を始めた。
  8. 「鮮度に自信・味にまごころ」がモットーの二代目寿し松つくば研究学園店では、年末年始向けの忘・新年会の予約を受け付けている。
  9. 石岡市を中心に創作活動を行うハンドメード作家の作品展が、12月19日(火)〜25日(月)までまちかど情報センターで開かれる。
  10. 取手駅西口周辺をキャンドルの明かりで結ぶ「ゆいあかり」が、12月15日(金)行われる。
つくばスタイル instagram フォトコンテスト
注目の記事
  1. もうすぐ冬休み。家族や親戚が集まる機会が多いこの時期、祖父母に乳幼児や小さな子どもの面倒を見てもらうこともしばしば。程よい距離感を保ちながら周囲とより良い関係を築こうと開かれた「孫育て講座」から、昔は当たり前だった地域ぐるみの子育てをめぐる「今」を取材した。
  2. 体験型テーマパークこもれび森のイバライドでは、12月16日(土)と17日(日)クリスマスマーケット「フェルム・ド・ノエル」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 収穫と芸術の秋を楽しもう
  2. 「1本からのクリスマス」12月20日からツリー点灯
  3. 聖夜にサンタ、呼びませんか?
  4. 12月19日〜25日まで、石岡でハンドメード展
  5. 築地直送のネタが自慢
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー