茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年8月) > 8月11日、常世の國まつり
地図表示 印刷表示
2017年8月7日(月)

8月11日、常世の國まつり

郷土の芸能・文化、次代に

子どもみこしも躍動する
子どもみこしも躍動する

地域の郷土芸能が勢ぞろいする「常世の國まつり」が、8月11日(祝)つくば市の小田城歴史ひろば(小田2377)で開かれる。正午〜午後8時。雨天翌日順延。入場無料。

太鼓や祭ばやし、盆踊りなど地域の芸能・文化を次代に引き継ごうと、小田地区出身の小出卓也さんが中心となって企画。歴史ある城跡を舞台に小田大獅子保存会や音遊人、玉里太鼓、琉球國祭り太鼓茨城支部が和太鼓ライブを繰り広げ、「子供祇園祭」と題した催しでは同地区の東部お囃子保存会や西部子供山車など子どもたちが躍動。

また、現在は廃れてしまった同地区の盆踊りがこの日のみ復活する。地産地消の食材を使った飲食ブースや和装レンタル・着付け体験(有料)なども。「浴衣でご来場いただければドリンク一杯サービスします」と小出さん。

■問い合わせ
Tel 080(6801)5196/実行委・小出さん

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-08-07 09:30:13 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-10-23更新 ]
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. みずほの村市場では、秋の収穫を祝う恒例の「村まつり」を10月28日(土)と29日(日)に開催する。
  3. 鎌倉から戦国時代にかけて常陸国南部一帯で勢力を誇った小田氏を弔う大護摩法要が、10月28日(土)つくば市の小田城跡歴史ひろばで開かれる。
  4. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
  5. 元保育士・けいたろうさんの講演会が、10月28日(土)午後1時からかすみがうら市のあじさい館で開かれる。
  6. 取手競輪場では、12月2日(土)に「初心者のための競輪観戦&明治なるほどファクトリー守谷見学ツアー」を開催。20歳以上の競輪初心者30人を無料招待する。
  7. 県内の人気コロッケ店が集合する催しが、10月22日(日)龍ケ崎市役所駐車場で行われる。
  8. 「つくば産業フェア&農産物フェア」と「健康フェスタ」が、10月21日(土)と22日(日)つくばカピオと大清水公園で開催される。
  9. つくば市にある「会津蕎麦 あずまや」では、福島県会津美里町産のそば粉を使用し、「風味とコシと喉越しの良さ」を大切にした二八そばが味わえる。
  10. つくば市北条、神郡、臼井地区の風景の中に造形作品を置いた「アートセッションつくば2017」が、11月12日(日)まで行われている。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 初心者のための“競輪観戦ツアー”
  2. 10月28日「けいたろうさん」講演会
  3. 10月28日と29日「村まつり」
  4. 小田氏の「大護摩法要」
  5. 「地産地消ワイン」着々
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー