常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年7月) > 古民家の食事処6年ぶり再開
地図表示 印刷表示
2017年7月11日(火)

古民家の食事処6年ぶり再開

つくば、吉瀬(きせ)の里

新緑に囲まれた築150年の古民家
新緑に囲まれた築150年の古民家

つくば市吉瀬(きせ)の国登録有形文化財「るーらるはうす」が、東日本大震災から6年を経てこのほど再開した。

建物を管理する根本健一さんは「農村の暮らしを見直し、野良仕事や里山の活用、手仕事の組み合わせを現代に復刻させよう」と4半世紀にわたり活動。築150年を数える古民家の「おもや」は、食事処として親しまれていた。

修繕を終えたいす席の「ひろま」では、シニア青年会「吉瀬(きせ)の里くらぶ」のメンバーによる手打ちの常陸秋そば(金土日、40食)や地元の福祉農場「オーガファーム」の有機野菜を織りまぜたお重弁当(月〜木、20食)が味わえる。

民泊解禁を受け、「はなれ」では「鳥のさえずりや湧き水の水音で目覚められる体験宿泊も準備中です。古民家の縁側はとても涼しいですよ。ぜひいろんな体験をしに遊びに来てください」と根本さん。

営業時間/午前11時半〜午後3時。水曜・祝日定休。

■問い合わせ
Tel 029(857)1177/るーらるはうす(つくば市吉瀬1680-1 民家園つくば文化郷内)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-07-11 10:30:08 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-02-22更新 ]
  1. 一橋徳川家に伝わる調度品や絵画、武具などを紹介する特別展が、3月21日(祝)まで水戸市の県立歴史館で開かれている。
  2. 結婚希望者に出会いのチャンスを提供しているNPO法人ベル・サポートの出会いパーティーが、3月11日(日)つくば市のホテルグランド東雲で開かれる。
  3. 地域の子どもたちの「孤食」の解消しようと、このほど土浦市社会福祉協議会といばらきコープ生活協同組合が市総合福祉会館に子ども食堂「ほぺたん食堂」を本格オープン。初日は35人の市民らが訪れた。
  4. レンコンや落花生など、阿見町産の農産物を食材に活用した菓子や総菜が月1回、同町役場に並んでいる。
  5. 日本最大級のイチゴ栽培面積を誇る深作農園では、大好評のイチゴ狩りを5月上旬まで毎日開催している。
  6. 牛久シャトー内レストラン 「キャノン」のデザートフェアが、2月26日(月)〜3月2日(金)の5日間限定で開催される。
  7. 古くは万葉集に詠まれるなど日本人に親しまれ、「春告草」とも呼ばれる梅。多くの来場者を集める茨城の二大梅まつりが、今年も筑波山と偕楽園で開幕した。そろそろつぼみが開きそうな2月初旬、筑波山梅林を観光ボランティアと散歩。5回目の訪問だが、新しい発見や楽しみ方を教わった。
  8. 天然素材を用いて、製綿から仕立てまで布団製作を自社一貫で行う「ふとんのマスダ」では、保育園用お昼寝布団のオーダーを受け付けている。
  9. 土浦市の料亭・霞月楼では、彩り豊かな特別メニュー「雛まつり点心・桃月香」を2月4日(土)〜3月3日(土)までの期間限定で提供する。
  10. 「子どもが泣いても走り回ってもOK」のコンサート「つくばママコン」が、2月28日(水)つくばカピオで開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 牛久シャトー内レストラン 「キャノン」のデザートフェアが、2月26日(月)〜3月2日(金)の5日間限定で開催される。
  2. かすみがうら市西野寺にある胎安(たやす)神社の「平成30年祈願祭」が、3月3日(土)に開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 3月21日まで「一橋徳川家の200年」展
  2. 保育園用お昼寝布団オーダー受け付け中
  3. 「阿見町産」で菓子や総菜
  4. ベルピアノの「スプリングセール」4月8日まで開催中
  5. 期間限定「雛まつり点心・桃月香」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー