常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > 声帯鍛える「声出し体操」考案
2016年8月22日(月)

声帯鍛える「声出し体操」考案

朗読ステーション「快の会」主宰・柴田恵子さん

「高い声が出にくい」「声がかすれる」といった悩みを抱えるシニア世代を中心に、発声や滑舌の改善に取り組むボイストレーニングや朗読会が注目を集めている。取手市を中心に活動する朗読ステーション「快の会」主宰の柴田恵子さん(61歳・取手市在住)は現在、市内の病院で非常勤のリハビリ助手として働きながら、ぜんそくに悩んだ経験を生かした「声出し体操」を考案。健康志向の朗読を楽しみながら教えている。

週末の午後、取手市白山ゆうあいプラザの一室に地元の民話を語る声が響く。間近に迫った福祉施設でのボランティア公演に向け練習に熱が入る快の会メンバー。「ぱりぱろぱりぱろ…」の発声練習とストレッチを済ませると、公演当日の舞台の広さを考え声の大きさに注意し、パート分けがうまくいかない場合は繰り返し練習する。

演目は演じても聞いても楽しめる愉快な民話や落語が多く、練習中の発表を見て笑い出す会員も。「本番は4日後なのよ」とハッパをかけた柴田さんに「本番に強いから大丈夫」と会員から笑いが起こる。「笑ってやれなきゃ楽しくない」がモットーの同会だが、「笑ってやれるまでが長かったんですよ」。

「演じる」楽しさと挫折


今も女優として活躍中。26日からは東京で舞台に出演する

1954年(昭和29年)、横浜に生まれた。「奥様は魔女」など海外ドラマに夢中になり、吹き替え声優に興味を持った。演じることに憧れ中学、高校は演劇部に所属。部長を務め「演技にも自信があったし、何より楽しかった」。

高校卒業後、声を使うことに磨きをかけようと仕事をしながら専門学校に通い始めたが、同期はアナウンサーを目指す大学生や第一線の現場で活躍している人ばかりで「鼻濁音も知らなかった。完全に打ちのめされました」。結局1年足らずで学校をやめ、21歳で結婚。その後、出産と子育てで芝居は縁遠いものになっていった。

夫の転勤で千葉に越した32歳のとき、何気なく目にした案内に心ひかれ朗読会に足を運んだ。「朗読というよりまるで演劇のよう」な舞台にすっかり心奪われ、すぐさま入会。「有料公演をする以上プロの芝居を見せろ」という演出家の厳しい指導の下で研さんを積み、会が開く講師養成講座にも参加した。

茨城に越し、05年に守谷で「プロが教える朗読講座」を開講。せりふやしぐさにどう感情を乗せるかなど、これまで学んだ技術すべてを伝えようと躍起になった。

時には大きな声で叱責するなど厳しい指導もしたが、自身の熱意に反し、ある日退会を申し出た会員の一言にがくぜんとした。「私は役者になりたいわけじゃない。練習が楽しくないよ」。

健康志向への転換


去る7月に開催したコンサートは会場も巻き込んで発声練習や「ふるさと」を歌った

同じ頃、勤務先の病院で顔面麻痺の患者にリハビリの一環として顔の体操や声出しの指導依頼がきた。介護福祉士であるとともにこれまでの経験が見込まれての抜てきだったが、「果たしてどれだけ効果が出せるか半信半疑でした」。

3カ月後、おぼつかないながらも発声し表情が豊かになった患者本人と家族の喜ぶ姿に、「声を出して健康になれるんだ」と目からうろこが落ちた。同僚からの「柴田さんの声出しは元気が出るね」の言葉にも後押しされ、「プロの役者」から「介護福祉士が教える朗読講座」へ方針転換した。

その後、同僚の理学療法士や言語療法士のアドバイスも取り入れ、膝を屈伸しながら息を吐いて声を出したり、声帯を鍛えるストレッチなどの「声出し体操」を考案。体験講座はいつも盛況で、「始めてからむせが軽減した」「大きな声を出すだけでストレス発散になる」という常連が増えた。

2年前に「朗読ステーション快の会」と改名。群読を通して「目的も年代も違う人たちが集まって作品を作り上げる場所でありたい」との思いも込めた。「声と声が合わさる爽快感はたまらない。それを楽しんで健康でいられるなら何よりね」。

Ads by Google


グルメムック「この店とまれ」
最新の一面記事
  1. 100年ぶり僧侶常駐「地域のために祈りたい」
  2. 「まだ見ぬ新種に出合いたい」
  3. 企業主導型保育所導入から3年
  4. 弥栄の山河、再び
  5. 山派?海派?さて、どっち?
注目の記事
  1. 千葉県柏市にある介護付き有料老人ホーム「サンシティ柏」での暮らしを垣間見る「無料昼食付きバス見学会」が、9月6日(金)同所で開かれる。
  2. 夏休み中の小中学生向けの催しが、8月18日(日)と24日(土)阿見町の予科練平和記念館で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 完熟ブドウ直売開始
  2. ブッフェ&フリードリンクが割り引きに
  3. 取れない痛みに鍼灸
  4. 8月24日・25日、まつりつくば2019
  5. グラスバレーやダンス、サッカーなど一堂に
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング