常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > 未知への挑戦やまない好奇心 常総市 栗原 勇男さん
2016年7月25日(月)

未知への挑戦やまない好奇心 常総市 栗原 勇男さん

アトリエ水没にめげずユネスコ国際展一席受賞記念展

昨年の関東・東北豪雨で被災した常総市在住の画家、栗原勇男さん(74)が2015ユネスコ国際展で一席受賞。幸い入賞作品は米国にあったものの、自宅とアトリエにあった多くの作品が水に浸った。受賞記念展を開きたいと水害を免れた過去の代表作品や新作を7月27日(水)から都内の美術館で展示する。併せて江戸時代に書かれた山東京山作の草双紙を翻刻し、小説にまとめた本を発刊・披露する。


記念展には後方の東日本大震災の鎮魂の作品も展示。「ユネスコ国際展の最初の出品作で、ファイナリストに選ばれた重要な作品です」

同展は隔年。受賞は3度目の挑戦で実現。毎回テーマが変わり、創造性とメッセージ性が求められる。2015年のテーマは「身体、心と魂、癒しのギフトを表現せよ」と難解。ちょうど、絵のモデルをしてもらっている女性の姉に子どもが生まれ、その祖母が車椅子からベッドに移されるのを見てイメージが湧いた。自分の妻子と孫を個々にスケッチして自宅和室と組み合わせ、テーマに沿うよう構図を考えた。

タイトルは「赤ちゃんは最大の癒しのギフト」。かけがえのない命の輝きと魂、家族の絆など不変の人間愛を表現した。 「おばあさんは一人では起き上がれませんが、車椅子と別々にスケッチするなど何枚も何枚も試作を描いて仕上げた油絵です」 これまでにニューヨーク国際展優秀賞、カナダ国際展一席、フロリダ国際展佳作など受賞を重ね、その評価がユネスコ国際展への招待出品につながった。

迫りくる水の猛威

一席受賞の吉報が届いたのは水害の1週間前。増水したその日は直前に旧水海道市内の自宅から妻と次女と共につくば市内の長女の家に避難したが、作品が心配で夕方一人で引き返し水に浸りながらアトリエに到着。イーゼルなどでやぐらを組み、大作を高い場所に移しているうちに停電になり、母屋に入って手探りでブレーカーを落とした。

外に出て八間堀の堤防を歩いて脱出した直後、一気に1.8メートルほど水位が上がり、近所の人達は家で孤立。翌日、ヘリとボートで救出された。「母屋は1階がほぼ水没。家具は捨て、壁も床も全部張り替えました。アトリエの大事な作品は何とか助かりました」。

歴史研究と音楽と小説


江戸時代の草双紙類(上)と翻刻本(下右)、自作小説など

東日本大震災があった2011年の秋、とあるきっかけで筑波山に流れる男女川(みなのがわ)に興味をひかれ、平安時代を背景にした小説『男女川歌姫物語』を書き始めた。内容は陽成天皇の筑波行といろは歌、平将門記未知の部分解明、しもつかれの誕生、安倍晴明葛の葉狐伝説の阿見発祥、歌垣の実況などを盛り込んだ歌姫明神に祭られる天才少女の物語。中には琵琶も登場し、かつてギターを作った探究心から2台の古典琵琶も手作りした。

1台は雅楽琵琶、もう1台は正倉院に所蔵されている「螺鈿紫檀五弦琵琶」(らでんしたんごげんびわ)の複製品。華やかな象嵌はないが、筑波大学にある資料を基に寸法や形をまったく同じに作り当時の音を再現。さらに陽明文庫の文化財「五弦琵琶譜」から譜を起こし、自作の詞を付けた。王昭君や則天武后作詩作曲の如意娘を含む唐時代以前の歌を6曲復活させ録音した。「どれも感動的。多分、世界初の復刻化です」。

また、今年正月には骨董市で江戸時代の草双紙(浮世絵入り大衆読み物)を見つけて購入。なかなか読めない変体仮名を理解しようと古文書を勉強し、山東京山(さんとうきょうざん)作『お染久松春小袖門松模様』を文体を変えず現代仮名と漢字に変換。難解な語句や変則文字は徹底的に調べ、注釈付きで読みやすい挿絵入りの小説にした。

好奇心は200歳分

もともとは電子エンジニア。肖像画で生計を立てながら千葉の美術研究所に通い、米美校や武蔵野美術大学を卒業。画業の傍ら縄文の毛織物、古代蒲わた布団の試作など挑戦と好奇心はとどまることを知らない。 「やりたいことが多すぎて200歳まで生きないと終わらない」

ユネスコ入賞記念展は7月27日〜8月1日(月)まで銀座のジャンセン美術館。

■問い合わせ TEL. 0297(23)1403/栗原さん

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
最新の一面記事
  1. 継ぐ「木内イズム」とは
  2. 「妙技」手渡し29年
  3. 風呂上がりの夜空に×街場のアーティスト
  4. 夢をつかんで、手渡して
  5. 「コーヒー一杯」から街へ出よう
注目の記事
  1. 茨城出身のプロ野球選手が指導するチャリティー野球教室が、12月22日(土)牛久市の牛久運動公園野球場で開かれる。
  2. つくばフットボールクラブ女子トップチーム「つくばFCレディース」のチャレンジリーグ入れ替え戦が、12月15日(土)午後1時からセキショウチャレンジスタジアムで開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 中国料理でクリスマス 予約受け付け中
  2. 12月15日、牛久で女化秋祭り
  3. ウシクリスマスフェスタ
  4. 見どころ満載「注文住宅完成見学会」
  5. 12月15日、16日「歳末大売り出し」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング