茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
  • ホーム
  • グルメ
  • 美容・健康
  • スクール・習い事
  • 求人・就職
  • くらしの情報
  • ハウジング
  • カルチャー教室
  • フリーペーパー常陽リビング
2012年9月10日(月)

白球追う姿で地域に元気を

守谷市のみずき会ソフトボールクラブ・Moderato(モデラート)

守谷市みずき野地区で活動する「みずき会ソフトボールクラブ・Moderato(モデラート)」は、60歳以上限定のチーム。健康と体力増進のため自分のペースで楽しく体を動かしたいという団塊世代を中心とした「ヤングオールド」たちが、子どものころの草野球の思い出を胸にパワフルな動きで白球を追い、地域を元気づけている。


深山監督(前列中央)を中心に気負わず練習に励むメンバー

活動拠点とする守谷市みずき野地区は約2000世帯、約6000人が暮らす住宅地。そのうち60歳以上は1000人を超え、団塊世代のリタイア組が今後も増えると予想される。

現在、みずき野町内会の老人会「みずき会」には約280人が加入し、そのスポーツ活動として2007年4月、10人ほどの有志で活動を始めたのがモデラートのスタート。
メンバーは口コミで少しずつ増え、今はリタイアしたばかりの60歳から77歳まで31人。その多くが現役時代は東京へ通勤していたサラリーマン。
発足の時に守谷市体育協会への加盟も考えたが、リーグ戦などで勝敗を競うより和気あいあいと楽しみたいと属さずに自主運営を選んだ。
用具は当時の同協会会長から古くなったグローブやバット、ボール、ベースなどを寄付してもらい、1年目に帽子、3年目にユニホームをそろえて結束力も強まった。

◇   ◇   ◇

チーム設立の呼びかけ人で前監督の林多佳男さん(69)は発足時、みずき会の役員を務めていた。
市内の老人会による運動会の輪投げ競技に出場した後、皆で歓談しながら反省会を開いていたときにソフトボールの話で盛り上がった。
子供のころから野球は見るのもプレーするのも大好き。若いころは仲間と軟式チームをつくり、還暦野球部にも所属していた。
体力は衰えたが、みずき会にも「まだまだ若い」と思っている人は多く、老人会の活動だけでは物足りなかった。
「子供のころはやわらかいボールで三角ベースに親しんだ世代。モデラートは、けがをしないよう無理せず楽な気持ちで取り組んでいます」と、若いころの勘を思い出しながらボールを追いかけている。

今年4月に監督を引き継いだ深山一弥さん(65)は、犬の散歩中に球場を通りかかり、ボールを打つ音や走塁を後押しする声、好プレーに続く笑い声など楽しそうな練習風景にひかれてメンバーになった。
勤めていたころは朝早く出勤し、夜遅く帰宅する毎日。家のことは妻任せで、近所付き合いもなく隣人の顔も知らなかった。会社での人脈は築けたが、いざ定年退職して家で過ごす時間が多くなると、地域でのネットワークの乏しさを思い知らされた。
そして、地域に溶け込みたいと強く思い、入会を申し出た。

◇   ◇   ◇


紅白試合で腕を磨く

練習は毎週火曜と金曜の朝。大雨時は調整池となる低い場所の野球場は地区の中心にある。
午前中から正午までランニングやストレッチで体をほぐし、キャッチボール、トスバッティングなどで汗を流し、時には2チームに分かれて紅白試合を楽しむこともある。
今夏も暑さに負けず練習に励み、若々しいユニホーム姿と機敏な動きに足を止める町内の人から声援が飛ぶこともあり、周囲に元気を分けている。
しかし、市内には60歳以上に限定したシニアチームがほかにないため対戦相手に事欠く状況。2年前、土浦のシニアチームに60歳以上で編成してもらって対戦したのが唯一の対外試合。
そんな状況を変えたいと、守谷市の市民提案型協働事業に「集まれ!ヤングオールド球児たち」を提案し、地元みずき野地区内外に元気で明るいシニアチームの結成と交流を呼びかけたが、新チーム誕生には至らなかった。

モットーは「けがなく、休み休み楽しむこと」。
練習以外に月1回は集会場で定例会と称した飲み会で親睦を深め、故郷の話題などで盛り上がる。
チーム名のモデラートは音楽用語でアンダンテとアレグロの中間の速さ。急がず遅れずマイペースで、元気いっぱいに第二の人生を楽しんでいる。




Ads by Google


女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
最新の一面記事
  1. プロから社会人に「復帰」
  2. 飲めばこの街、好きになる
  3. 茨城国体女子ラグビー 県勢が初出場
  4. 民間主導の「被災地ツアー」好評
  5. 「花の運河」育てて33年
注目の記事
  1. 三重県津市にある料亭寿美家(明治45年創業)の伝統とおもてなしの心を継承する「仕出し割烹しげよし」。
  2. 星野リゾート(星野佳路代表)が運営するホテル「星野リゾート BEB5 土浦」が「プレイアトレ土浦」に来年3月19日(木)開業する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. さまざまな「心の悩み」に対応
  2. 茨城出身アーティストら出演
  3. 11月10日まで、アートセッションつくば
  4. プロから社会人に「復帰」
  5. いしおか市民寄席「円楽独演会」
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング