一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2012年8月) > 記事が見つかりませんでした。

 

File Not Found.

お探しの情報は、既にURLが変更になっているか公開期間を終了した可能性があります。

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2015-03-02更新 ]
  1. つくばの食や文化、人に触れて市民の温かいつながりを創出しようと筑波大学の学生らが企画する第4回「ふるさとつくばゆいまつり」が、3月14日(土)つくばセンター広場およびペデストリアンデッキで開かれる。
  2. 龍ケ崎コロッケや特産品を販売する第164回まいんバザールが、3月1日(日)龍ケ崎市上町のにぎわい広場で開催される。
  3. 元筑波大学教授・芳賀和夫さんが主宰する小中学生の科学体験教室「サイエンス・キッズ」が、2015年度の新会員を募集している。
  4. 国産材を使い、人と環境に優しい家づくりに取り組むヒダモクでは、自然素材の木の心地よい住まいの完成見学会を2月28日(土)と3月1日(日)つくば市上原で開催する。
  5. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設「ポケットファームどきどきつくば牛久店」では、2月28日(土)に県オリジナルイチゴ品種「いばらキッス」のPRイベントを開催する。
  6. エネルギー資源と地球環境を学ぶバスツアーが、3月26日(水)に行われる。
  7. 茨城県立歴史館の特別展「徳川慶喜」展が、3月22日(日)まで開かれている。
  8. 桜川に生息するワカサギの公魚特定外来魚釣り大会が、3月1日(日)に開かれる。
  9. 高齢化が進む阿見町レイクサイドタウンで、コミュニティーの活性化につなげようと地区内の休耕地でそば作りに挑戦。種まきから収穫まで手作業で行い、試食会は会話が弾む。休耕地は2015年8月に2度目の種まきが行われ、秋には一面に白いそばの花を咲かせる。
  10. かつて土浦周辺の農家が農閑期に行っていた「はたおり」を再現した作品展が、3月1日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。
注目の記事
  1. 元筑波大学教授・芳賀和夫さんが主宰する小中学生の科学体験教室「サイエンス・キッズ」が、2015年度の新会員を募集している。
  2. 茨城県立歴史館の特別展「徳川慶喜」展が、3月22日(日)まで開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. ふるさとつくば ゆいまつり
  2. 小学生の親子対象バスツアー
  3. 地域のきずな育むそば作り
  4. サイエンス・キッズ
  5. 自然素材の木の心地良い住まい完成見学会
茨城イベントカレンダー
3月3日(火)まで
3月3日(火)まで
3月3日(火)まで
3月8日(日) まで
3月8日(日) まで