バレーV2 つくばユナイテッドサンガイア

2019年12月9日掲載

土浦で今シーズン初勝利

首位ヴォレアス戦で奮闘するつくば=11月23日、土浦市大岩田の霞ケ浦文化体育会館

バレーボールVリーグ男子2部(V2)つくばユナイテッドサンガイアが、このほど土浦市霞ケ浦文化体育会館で臨んだ2日間のホームゲームで、今季初勝利を挙げた。

初日は今季昇格したてながら首位を走るヴォレアス北海道にセットカウント0-3のストレート負け。一時は拮抗したものの、サーブミスが目立ったほか攻守ともに相手の勢いに押されるなど最後まで流れをつかめなかった。

「下を向かずに、しっかりと勝ち切れるようにしたい」(浜崎勇矢主将)と挑んだ2日目は兵庫デルフィーノと対戦。ブロックポイントや多彩な攻撃で主導権を握り、3-0のストレートで勝利を収めた。

開幕6戦目での待望の初白星に都澤みどり監督は「ホームの熱い応援のおかげで初勝利を飾ることができた。ここから巻き返せるようチーム一丸となって戦っていきたい」と次を見据えた。

次回のホームゲームは12月14日(土)と15日(日)水戸市アダストリアみとアリーナで開催。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

この店とまれ

記事ランキング

最新情報
2020年01月18日更新