茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
お散歩まっぷ トップ
お散歩まっぷ MOVIE
特集:ONE DAY CAMP!!
現在位置 : トップ > お散歩まっぷ2017年春号 > レンガ造りのレトロな喫茶店
茨城 お散歩まっぷ Premium 2017年春号
地図表示 印刷表示
2017年4月13日(木)

レンガ造りのレトロな喫茶店

土浦まちかど蔵「喫茶・蔵」


土浦市にある土浦まちかど蔵「喫茶・蔵」では、1892年(明治25)建造のレトロな雰囲気の蔵で静かなひとときを過ごせる。

定番はここでしか味わえない人気のツェッペリンカレー(800円)やオムライス(550円)。この春は限定で窯焼きスフレパンケーキ抹茶あんみつ風(300円)が味わえる。水温熟成コーヒー(350円)、シフォンケーキ、アップルタルト、あんみつ、エビピラフ、カレー、季節限定メニューも好評。

■茨城県土浦市中央1-12-5
■10:00〜18:00
■無休※12月29日〜1月3日は休み Tel029-822-0081

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-04-13 10:30:35 お散歩まっぷ ]

茨城 お散歩まっぷ Premium 2017年春号

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-06-28更新 ]
  1. 土浦市の川口運動公園野球場がこのほど「J:COMスタジアム土浦(Jスタ)」の愛称決定とともにリニューアルされ、竣工記念試合が7月1日(土)に開かれる。
  2. カードゲームやボードゲームなど国内外発のさまざまなテーブルゲームが楽しめる「つくば駅前ゲーム会」が、TXつくば駅隣接BiViつくば内・筑波大学サテライトオフィスで開かれ、参加者がゲームを通して交流している。
  3. メロン生産量日本一の鉾田市で50余年、3代にわたって栽培に取り組む深作農園では、完熟メロンを7月下旬まで直売している。
  4. 全国的な出版不況の中、今春、女性一人の出版社がつくば市内に誕生した。高松夕佳さんが最初に手掛けた本は、発泡スチロール製の家を担ぎ東北から九州まで「移住を生活」した美術家・村上慧さんの日記。自分の目と足で社会をつぶさに観察した369日の記録の中に、高松さんは「今の日本を理解するヒントがあるかも」と話す。
  5. 染谷家具守谷店では、「想い出いっぱいの家具をよみがえらせよう」をテーマに家具の修理を受け付けている。
  6. 龍ケ崎市では、育児をする男性“イクメン”をテーマにした川柳を7月31日(月)まで募集している。
  7. 茨城・栃木・千葉でウイークリーマンションを展開するホソダ興産では、53ケ所目となる物件をつくば市要にオープンした。
  8. 7月にオープンする県内初のエンターテインメントフィットネス「テトラフィット土浦店」の体験会が、6月28日(水)〜7月2日(日)、5日(水)、6日(木)に行われる。
  9. 土浦市観光協会では、第18回常陸国・小野小町文芸賞の短歌と俳句作品を募集している。
  10. 英語での幼児教育を実践しているキッズクリエーションつくばでは、夏休みのサマースクールとサマーキャンプの参加者を受け付けている。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 7月にオープンする県内初のエンターテインメントフィットネス「テトラフィット土浦店」の体験会が、6月28日(水)〜7月2日(日)、5日(水)、6日(木)に行われる。
  2. 全国的な出版不況の中、今春、女性一人の出版社がつくば市内に誕生した。高松夕佳さんが最初に手掛けた本は、発泡スチロール製の家を担ぎ東北から九州まで「移住を生活」した美術家・村上慧さんの日記。自分の目と足で社会をつぶさに観察した369日の記録の中に、高松さんは「今の日本を理解するヒントがあるかも」と話す。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 深作農園の完熟メロン7月下旬まで直売
  2. お試しキャンペーン
  3. 想い出深い家具をよみがえらせよう
  4. 短歌・俳句作品募集
  5. 龍ケ崎市が「イクメン川柳」募集
四川飯店アルファ
茨城イベントカレンダー