常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 「土浦の花火」展
2020年7月のイベント情報
 
 
 
1
2
3
4

5
6
7
8
9
10
11

12
13
14
15
16
17
18

19
20
21
22
23
24
25

26
27
28
29
30
31


2020年8月のイベント情報
 
 
 
 
 
 
1

2
3
4
5
6
7
8

9
10
11
12
13
14
15

16
17
18
19
20
21
22

23
24
25
26
27
28
29

30
31


2020年9月のイベント情報
 
 
1
2
3
4
5

6
7
8
9
10
11
12

13
14
15
16
17
18
19

20
21
22
23
24
25
26

27
28
29
30



筑波国際アカデミー

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 土浦市 ]

「土浦の花火」展


2019年9月14日(土) ~ 2019年11月10日(日)

花火玉(模造)や歴代のパンフレットが並ぶ展示室
花火玉(模造)や歴代のパンフレットが並ぶ展示室

今年で88回目を迎える土浦全国花火競技大会のテーマ展が、11月10日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

真夏ではなく「秋に」行われる花火大会の歴史をひもとく同展。展示室中央には10号玉や5号玉の打ち上げ筒がお目見え。

昭和天皇崩御で中止となった昭和63年のポスターのほか桜川堤、新川畔、霞ケ浦湖上と打ち上げ場所の変遷が分かる歴代パンフレットなどが並び、大会の格を上げた内閣総理大臣賞杯、スターマインの優勝者に贈られた通産大臣賞トロフィーも展示。
県内花火大会の先駆けとなった笠間稲荷神社全国煙火競技会(大正6年開始)と開催時期をずらし第2回大会以降は10月開催となった土浦の花火。

昭和7年以降の大会プログラムには、主催者が神龍寺の秋元梅峯住職が組織した大日本仏教護国団から民間に移管された影響で裏面の広告欄には商工業者の名前があふれ、土浦国民学校の児童らに郷土を解説した『土浦郷土読本』(昭和15年発行)には「桜川提の桜」と秋の「煙火大会」の項目があるなど「この時期土浦の花火が秋の風物詩として市民に定着してきた」と同館学芸員の関口満さん。

期間中の10月5日(土)と14日(祝)の午前10時半〜11時50分には展示解説と歴史散歩「土浦の花火と神龍寺」、花火大会当日の9月26日(土)には「大畑からかさ万灯」の様子も写したミュージアムシアター「土浦の二つの花火」上映会(いずれも参加無料)、11月3日(祝)には土浦二高茶道部による呈茶(200円)、展示室前には花火筒の前で花火師の法被とヘルメット姿で写真が取れるスペースもある。

入館料一般105円、小中生50円。花火大会当日と11月3日(祝)は無料開館。

■問い合わせ
[TEL] 029(824)2928/同館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
9月11日(水)
9月12日(木)
9月13日(金)
9月14日(土)
9月15日(日)
9月16日(祝)
9月17日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-07-08更新 ]
  1. 日本とタイで貿易事業を展開する龍ケ崎市出身の田中明人さんが、地元活性化に向けた活動を始めている。
  2. 公募型文学賞「松本清張賞」の第27回受賞作品がこのほど発表され、阿見町出身の県職員・千葉ともこさんの『震雷の人』が栄誉に輝いた。自身初の長編となった同作は、中国王朝・唐の時代を舞台に兄と妹の成長を色濃く描写。9月の出版も決まるなど小説家への一歩を踏み出した千葉さんは、「数多くの作品を書きたい」と飛躍を誓う。
  3. 農地所有適格法人グリーンアグリかすみがうら事業所では、ソーラーハウスで栽培した「そーらー生きくらげ」の販売を開始した。
  4. フルーツショップaokiつくば店が、旬のフルーツを集めた「お中元フェア」を実施している。
  5. つくばエキスポセンターが、企画展「かわったあそびが大集合!〜つくって・ためして・かんがえる〜」を8月31日(月)まで実施している。
  6. 直接指導で成果を上げている大学受験専門・秀門会が、土浦校とひたち野うしく校で「大学受験無料説明会」を実施している。
  7. 水回り設備機器メーカー「TOTO」のつくばショールームが、7月9日(木)リニューアルオープンする。
  8. 後継ぎ対策など墓のあれこれを学ぶ「お墓の市民講座」が、7月11日(土)つくば国際会議場で開かれる。
  9. 茨城県の魅力をコミカルに伝える漫画『だっぺ帝国の逆襲』が、インターネット上で公開されている。
  10. 土浦市観光協会では、第21回常陸国・小野小町文芸賞の短歌と俳句作品を募集している。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 龍ケ崎の「鍵林」では、1914年の創業以来、一貫して上質な国産原料にこだわり製造する煎餅のギフトが好評を得ている。
  2. かすみがうら市の廃校を活用した健康増進施設「かすみがうらウエルネスプラザ」が、このほどオープンした。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 子育て世代必見の「木の住まい性能見学会」
  2. 変わった遊び、体験しよう
  3. 大学受験無料説明会
  4. 「お墓の市民講座」
  5. 「お中元フェア」開催中
掲載案内