常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 土浦花火大会 遊覧クルーズ
2020年8月のイベント情報
 
 
 
 
 
 







2020年9月のイベント情報
 
 
1
2
3
4
5

6
7
8
9
10
11
12

13
14
15
16
17
18
19

20
21
22
23
24
25
26

27
28
29
30


2020年10月のイベント情報
 
 
 
 
1
2
3

4
5
6
7
8
9
10

11
12
13
14
15
16
17

18
19
20
21
22
23
24

25
26
27
28
29
30
31



筑波国際アカデミー

茨城県のイベント情報


[ 土浦市 ]

土浦花火大会 遊覧クルーズ


2019年10月26日(土)

ラクスマリーナ(土浦市)では、土浦の花火大会を船上から観賞する遊覧クルーズを10月26日(土)に実施。現在、参加者を受け付けている。

小型船で桜川から観賞するコースで、花火弁当、ビール・ドリンク、つまみ付きで料金は大人1万6200円、子ども5400円。ブランケットの貸し出しもある。

希望者はファクス([FAX] 029(826)2839)かメールで申し込む(10月20日(日)締め切り、先着順受け付け)。

また、当日はキャンプ&バーベキュー場の利用も受け付け中で、テント・道具の貸し出しも可。

■問い合わせ
[TEL] 029(822)2437/ラクスマリーナ

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
10月23日(水)
10月24日(木)
10月25日(金)
10月26日(土)
10月27日(日)
10月28日(月)
10月29日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-08-12更新 ]
  1. まっくら観音で知られる勝福寺恒例の「まっくら観音ご縁日」が、8月9日(日)同寺で行われる。
  2. 現在、茨城県内の美術館ではさまざまな企画展が開催されています。誰もが知っているあの名作、元気をくれるかわいいイラスト、近現代陶磁史を彩る名品など眼福を味わえるものばかり。今回は各展の魅力を“ちょっとだけ”ご紹介します。
  3. 原爆の恐ろしさを伝え被爆者援護の輪を広げる「2020原爆と人間展」が、8月9日(日)まで土浦市の県南生涯学習センターで開かれている。
  4. みずほの村市場が、「ひまわり迷路&夏野菜収穫体験」を8月23日(日)まで実施している。
  5. 映画「新聞記者」の原案者として話題を集めた記者を追ったドキュメンタリー映画「i 新聞記者ドキュメント」が、8月15日(土)クラフトシビックホール土浦で上映される。
  6. 縄文土器を研究・制作する上高津貝塚土器づくりの会の20周年記念展「縄文の美〜彩と艶」が、8月18日(火)〜23日(日)までアルカス土浦で開かれる。
  7. 牛久市の落花生専門店・味の老舗いしじまが、夏季恒例「割引セール」を8月8日(土)〜10日(祝)まで実施する。
  8. 土浦市はこのほど、無料通信アプリ「LINE」用スタンプ「アマビエつちまる」を発売した。
  9. 関東・東海地域を中心に約23万件の作業実績を持つ「植木屋革命クイック・ガーデニング」が実施する「お庭まるごとスッキリ割」が、好評を得ている。
  10. 竹園西広場公園内の芝生の維持管理を行うボランティア団体「つくばイクシバ!」がこのほど設立。活動メンバーを募集している。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 現在、茨城県内の美術館ではさまざまな企画展が開催されています。誰もが知っているあの名作、元気をくれるかわいいイラスト、近現代陶磁史を彩る名品など眼福を味わえるものばかり。今回は各展の魅力を“ちょっとだけ”ご紹介します。
  2. 映画「新聞記者」の原案者として話題を集めた記者を追ったドキュメンタリー映画「i 新聞記者ドキュメント」が、8月15日(土)クラフトシビックホール土浦で上映される。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. Artにふれる、夏のひととき。
  2. 「i 新聞記者ドキュメント」上映
  3. 夏の1割引きセール
  4. まっくら観音ご縁日
  5. 2020原爆と人間展
掲載案内