常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 筑波山梅まつり

茨城県のイベント情報


地図表示
[ つくば市 ]

筑波山梅まつり


2019年2月16日(土) 〜 2019年3月21日(木)

筑波山梅まつりポスター
筑波山梅まつりポスター

筑波山梅林の多彩な梅を楽しむ「第46回筑波山梅まつり」が、3月21日(祝)まで開かれている。

筑波山中腹(標高約250メートル)に位置する梅林では白梅や紅梅など約1000本の梅が見ごろを迎え、散在する筑波石とのコントラストは独特の野趣に富むほか、「展望あずまや」からの眺めは関東の富士見百景の一つになっている。

3日(日)午前10時からおもてなし館前で筑波山水系酒造5店舗による「筑波山地酒フェス」(当日券3000円、数量限定)を開催。

期間中は梅茶の無料サービスとガマの油売り口上を行うほか、土日には観梅広場で囲炉裏を囲んだ梅見や開運招福「福来梅(ふくれうめ)の枝」(500円、先着20本)の販売、日曜には野点茶会(200円)を実施。

隣接する「フォレストアドベンチャー・つくば」では、梅の枝でペン作り(1本100円、1日100本)や筑波山梅林の上空を豪快に滑走するジップスライド(1回1000円)なども体験できる。

また、会場とつくば市内各店舗では梅を使ったメニュー「つくばの梅食」を期間限定で提供するほか、土日には「梅まつり特別弁当」を販売(限定数あり)。詳しくはホームページ「筑波山梅まつり」で検索。

■問い合わせ
[TEL] 029(869)8333/つくば観光コンベンション協会

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
2月13日(水)
2月14日(木)
2月15日(金)
2月16日(土)
2月17日(日)
2月18日(月)
2月19日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-05-27更新 ]
  1. 学生55人によるアート展が、老朽化で使われなくなった学生宿舎・筑波大学平砂宿舎9号棟で6月2日(日)まで開かれている。
  2. 霞ケ浦最大の高速客船ジェットホイルつくば号で行く「潮来あやめ祭り定期船コース」が、6月1日(土)から計8回行われる。
  3. 米粉使用のバウムクーヘン専門店「LA VORO」がこのほどオープンした。
  4. 焼かりんとうで知られる「花小路つくば店」が、このほどつくば市吾妻に移転オープンした。
  5. 「茨城県中高生ダンスサミット第1回大会」が6月1日(土)と2日(日)ノバホールで開かれる。
  6. つくばみらい市伊奈東地区の住民らが地域交流の場として企画した「ほっこりサロン&子ども食堂」がこのほどオープンし、世代を超えた交流を楽しんでいる。
  7. 土浦市小野の「小町の館」では、昔ながらの手作業で行う田植え体験講座を6月1日(土)同館の棚田で実施する。
  8. 布の専門店「木綿屋こっとんちゃっく」では、毎年恒例の「はぎれ市」を5月30日(木)〜6月2日(日)までつくば店で開催する。
  9. 土浦駅から徒歩5分の複合テナントビル「つちうら横丁」がオープン3カ月を迎え、徐々に入居者を増やしている。市中心市街地活性化基本計画の認定を受けた民間主導の事業で、家賃補助などで創業を支援。中心市街地の空き店舗減を目指し、将来的な店子(たなこ)の独立を後押し。店舗同士のゆるやかなつながりも生まれている。
  10. つくば市に昨年オープンした「マニステージつくば」のマットレスが中高年を中心に好評を得ている。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. リフォームイベント「オウチマワリフェア」が、5月24日(金)つくば市ふれあいプラザで開かれる。
  2. 春の宝篋山を歩くスタンプラリーが、5月25日(土)に行われる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 5月30日から「はぎれ市」
  2. 腰痛・肩凝りに好評
  3. つくばみらい市伊奈東地区にオープン
  4. 「ふっくら、清潔、気持ちいい」
  5. 6月2日まで、学生らアートイベント
掲載案内