常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 茨城県フラワーパーク - バラまつり

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 石岡市 ]

茨城県フラワーパーク - バラまつり


2018年5月15日(火) 〜 2018年6月24日(日)

年代ごとにバラが並ぶ「マイローズ」は国内初の取り組み
年代ごとにバラが並ぶ「マイローズ」は国内初の取り組み

茨城県フラワーパーク(石岡市)に、このほどバラの歴史をたどれる国内初の展示や新しいバラ園が開所。オープン初日は快晴に恵まれ、大勢の観光客でにぎわった。

4年ほど前から委託を受け、同園のリノベーションを手掛ける筑波大学芸術系名誉教授鈴木雅和さんが、同園のバラを年代や原産国、色、香りなどに分類。全く新しい手法の展示方法を実現した。

一つは戦後のバラ育種の歴史をたどれる「マイローズ」。平和の象徴として第二次世界大戦が終結した1945年に発表された「ピース」から1996年までの52年分・52ポットのバラを園内の主要道路に常設展示。国内でこうした取り組みは初めてといい「育種の歴史を学ぶとともに、自分が生まれた年の品種を探してバラへの理解を深めてほしい」と鈴木さん。

もうひとつはこれまであった「庭園風バラ園」の生け垣をなくし、フランス産のバラ3〜4品種を品良く植栽した「プチフール」。「ケーキを焼く小さな窯」の意味の通りお菓子を詰め合わせたようなミニ庭園は、「ベルサイユのバラシリーズ」や芸術家の名前が付いたものなどテーマで分けた。生け垣がなくなり間近でさまざままな角度から観賞でき「写真も撮りやすくなったのでは」と鈴木さん。

同園のバラまつりは6月24日(日)まで開催中。
入園料大人740円、小人370円。午前9時〜午後5時。

■ 問い合わせ
0299(42)4111/茨城県フラワーパーク(石岡市下青柳200)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
5月12日(土)
5月13日(日)
5月14日(月)
5月15日(火)
5月16日(水)
5月17日(木)
5月18日(金)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-10-22更新 ]
  1. 11月10日(土)に開幕するバレーボール男子V2リーグつくばユナイテッドSunGAIAを率いる都澤みどりさんは、リーグ唯一の女性監督。チームの礎を築き、志半ばで他界した父からチームを引き継いで約3年。理事長として監督として、そして一児の母としての責任を胸にチームもわが子も育てている真っ最中。亡き父が理想としたチームを目指し、日々奮闘している。
  2. 親子で楽しめるイベント満載の「ガス展2018・ウチ住まるごと大感謝祭」が、10月20日(土)と21日(日)土浦市西口のうらら大屋根広場で開かれる。
  3. つくば市の手づくりパンの店「パンドラ」の開店10周年感謝祭が、10月20日(土)と21日(日)に開かれる。
  4. バレーボール男子のV2リーグに参戦するつくばユナイテッドSunGAIAは、11月10日(土)と11日(日)土浦市の霞ケ浦文化体育会館で開幕2連戦を迎える。
  5. 家具専門店・染谷家具守谷店では、「愛着のある家具を蘇らせよう」をテーマに家具の修理を受け付けている。
  6. 茨城県科学技術振興財団が主催するサイエンスカフェ「災害時に活躍するロボットたち」が、10月26日(金)サイバーダインスタジオで開かれる。
  7. 「手打更科蕎麦処さらしなの里」では、常陸秋そばの挽きぐるみを使った「鴨南ばん」を提供している。
  8. 全国各地のご当地ヨーグルトが小美玉市に集まるイベントが、10月20日(土)・21日(日)四季の里で開かれる。
  9. 「洋食 大かわ」に、期間限定の大人気メニュー「カキフライ」(1,080円)が満を持して今年も登場した。
  10. ゆっくり石臼で丁寧に自家製粉する「福乃家」で新そばを堪能できる季節が到来。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 「手打更科蕎麦処さらしなの里」では、常陸秋そばの挽きぐるみを使った「鴨南ばん」を提供している。
  2. 「洋食 大かわ」に、期間限定の大人気メニュー「カキフライ」(1,080円)が満を持して今年も登場した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 家具の修理を受け付け中
  2. SCIENTIA(スキエンティア)2018
  3. サンガイアはホーム2連戦
  4. 母として監督として「育てる」責任胸に奮闘中
  5. お腹も心も温まる「鴨南ばん」
掲載案内