茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 図書館カフェ「おいしいミュージアム」をオープン

茨城県のイベント情報


地図表示
[ つくば市 ]

図書館カフェ「おいしいミュージアム」をオープン


2018年2月22日(木) 〜 2018年3月10日(土)

博物館と図書館が融合したかのような「おいしいミュージアム」
博物館と図書館が融合したかのような「おいしいミュージアム」

つくば市吾妻の筑波学院大学付属図書館に、このほど期間限定の「ミュージアムカフェ」がオープン。学生が選んだ県産食材を用いたスイーツやコーヒー、ワインなどが楽しめ、「食べて、飲んで、学べる全国初の大学図書館」として注目を集めている。

同大の塚原正彦教授のゼミ生ら20人が、昨秋プロジェクトを立ち上げた。専門家を招いた講座を受講し、地域の文化資源を独自の目線で市民に還元する「地域デザイン学芸員」について学んできた。

カフェでは「ミュージアムグッズ」と題してかすみがうら市産のサツマイモを使った焼き芋や行方市のレンコンやミツバチ交配で栽培したイチゴなどの食材を大胆にアレンジしたスイーツを笠間焼の器で提供。生産者らに聞き取りした結果をパネルにして館内にレイアウトしたほか、食材へのこだわりや思いなどを絵本にまとめた。

中央の大テーブルには食に関する本が約120冊並び、「飲食しながら地域資源について語り合える場所」となっている。塚原教授は「これからの学芸員は地域の宝を展示するだけでなく、実際に普及させる方法を考えることが大事。新しい価値が生まれる場所になれば」と期待を込めた。

■カフェは3月10日(土)までの期間限定で、月〜土の午前11時半〜午後4時。日曜休館。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
2月19日(月)
2月20日(火)
2月21日(水)
2月22日(木)
2月23日(金)
2月24日(土)
2月25日(日)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-09-25更新 ]
  1. 消防士の仕事に触れ、学び、体験できるイベントが、9月22日(土)土浦市消防本部屋外訓練場で行われる。
  2. つくば市柴崎の専門学校つくば自動車大学校の「tact祭」が9月22日(土)に開かれる。
  3. 世界的なジャズピアニストのトニーサッグスが出演するジャズイベントが、9月29日(土)午後3時からWaiwaiドームしもつまで開かれる。
  4. 10月に本県で開催される世界湖沼会議を前に“泳げる霞ケ浦”を広くアピールするトライアスロン大会が、9月23日(祝)土浦新港発着コースで行われる。
  5. 「きて、みて、さわってコキアカーニバル」が、10月21日(日)までひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開かれている。
  6. 美しい色調と丈夫さから国会議事堂や東京駅などにも使われている稲田石。笠間市内の採掘現場にある石室や石に皆で絵を描こうという試みが、今年6月から始まっている。企画したのは石岡市在住の日本画家秋元了典さん。中国国内で同様のプロジェクトに携わった経験を生かし、「参加者が絵画を通して同じ夢を見てほしい」と石壁に向き合っている。
  7. 子育て中の母親らを対象にカレンダー作りとトークを楽しむイベントが、9月28日(金)つくばみらい市紫峰ケ丘のみらい平コミュニティセンターで開かれる。
  8. 土浦市の磯山自動車販売では、トラック全般の売買ほか重機、不動車などの高価買い取りを行っている。
  9. 活魚・江戸前寿し龍では「秋の収穫祭」と題し、旬を迎えたサンマやマツタケなどを使った秋季限定メニューを10月8日(祝)まで提供している。
  10. 定番から最近の人気作まで2万冊を超える本を所蔵する龍ケ崎市の漫画図書館「まいん」が、9月30日(日)閉館する。市民交流や中心市街地の活性化などを目的に商店街の一角に開設されたが、「一定の役目を終えた」として今後健康づくり施設に生まれ変わる。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. つくば市竹園に「中津からあげ総本家もり山つくば竹園店」がこのほどオープンし、9月17日(祝)まで開店記念セールを実施している。
  2. 関東・東北豪雨から10日で3年を迎えるのを前に、常総市の復興に関わったボランティア団体が先月下旬、西日本豪雨で被災した広島県に向かった。常総で培った経験を携え、「あの時」の恩返しに向かったチームに同行取材。水害の恐ろしさと事前の避難計画の大切さを改めて強く感じた。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「世界に一つだけ」カレンダー作り
  2. ひたち海浜公園で「コキアカーニバル」
  3. 下妻恒例「野外ジャズフェス」
  4. 壁画アート、開始4カ月
  5. 今月末、18年の歴史に幕
掲載案内