常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 「労苦の記憶」60点 阿見予科練記念館でシベリア抑留者展

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 阿見町 ]

「労苦の記憶」60点 阿見予科練記念館でシベリア抑留者展


2018年1月1日(月) 〜 2018年3月18日(日)

抑留者が手作りした木製のマージャン牌(手前)や飯ごうなど、収容所での日々を伝える展示品
抑留者が手作りした木製のマージャン牌(手前)や飯ごうなど、収容所での日々を伝える展示品

第二次世界大戦後のシベリア強制抑留に関する企画展が、3月18日(日)まで阿見町の予科練平和記念館で開かれている。午前9時〜午後5時(最終入館4時半)。入場無料。

1945年(昭和20)8月、対日宣戦布告を行ったソ連軍は、ポツダム宣言受諾で武装解除された日本軍や満州国の官吏、民間人を領内に連行。ソビエト全土に1200〜300あった収容所には57万5000人が抑留され、森林伐採や炭鉱労働、鉄道敷設などに従事。過酷な生活で約5万5000人が命を落とした。

抑留生活は日本が独立を回復した昭和27年以降も続き、最後の引き揚げ船が舞鶴港に着いたのは終戦から11年後の昭和31年12月だった。

展示では(一財)全国強制抑留者協会が保有する資料を基に収容所での生活を紹介。粗末な防寒着や継ぎはぎだらけの手袋、伐採に使ったおのやのこぎり、収容者に共産主義礼賛の思想教育を行った「日本新聞」なども展示。

元抑留者が描いた絵のパネル展示では、馬小屋を改築した収容所の二段ベッドに詰め込まれる兵士の様子やソ連兵を相手に自らの金歯とパンを交換する場面などが描かれるなど、苛烈な収容生活の一端を垣間見ることができる。月曜休館。

■問い合わせ
029(891)3344/同館(阿見町廻戸5-1)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
12月29日(金)
12月30日(土)
12月31日(日)
1月1日(祝)
1月2日(火)
1月3日(水)
1月4日(木)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-08-15更新 ]
  1. 障害がある人もない人も一緒に歌って踊り、すべての人が生きやすい社会について考える「むすびFES」が、8月17日(金)つくばカピオで開かれる。
  2. 体験学習や懐かしい遊びを集めた「れきみん祭り」が、8月12日(日)龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれる。
  3. 現実や想像上の生き物を描いた絵画展「楽しい絵画の水族館」が、8月14日(火)〜19日(日)県つくば市吾妻の県つくば美術館で開かれる。
  4. つくばエキスポセンターでは、「星空コンサート〜音楽とプラネタリウムのコラボレーション〜」を8月24日(金)開催する。
  5. 常総ウォーターフェスが、8月11日(祝)正午から市民の広場で開かれる。
  6. つくばの夏の祭典「まつりつくば」が、8月25日(土)と26日(日)つくば駅周辺で開催される。
  7. 市民協賛ながら、競技大会に匹敵する高い芸術性で毎年10万人超が訪れる常総きぬ川花火大会。今年、約20年間大会を引っ張ってきた職員から若手にバトンが手渡されようとしている。後進に伝えたいのは、玉の数より一瞬の美。金額よりも熱意と情熱。そして、協賛者と市民への責任感。
  8. 趣味の専門店「JOYFUL-2」各店では、夏休みものづくり体験教室を実施している。
  9. 龍ケ崎の「パン・アトリエクレッセント」では、8月8日(水)〜12日(日)まで「夏のコッペパン祭り」を開催する。
  10. 夏の風物詩の盆踊りを楽しめる「龍ぼん祭」が、8月18日(土)龍ケ崎市文化会館駐車場で開かれる。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 帰省時や懐かしい人への夏の手土産として、どら焼き専門店・志ち乃(土浦市)の「どら焼きの詰め合わせ」が好評を得ている。
  2. みずほの村市場では、恒例の「ひまわり迷路&夏野菜収穫体験」を、8月26日(日)まで開催している。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. ガスパチョの作り方&アレンジランチコース
  2. 夏休みものづくり体験
  3. 8月24日「星空コンサート」
  4. まつりつくば2018
  5. 全日本テコンドー協会土浦支部
掲載案内