茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 第40回特別展『伊東甲子太郎と幕末の同志』

茨城県のイベント情報


地図表示
[ かすみがうら市 ]

第40回特別展『伊東甲子太郎と幕末の同志』


2017年11月11日(土) 〜 2018年3月4日(日)

面長の顔や切れ長の目は、幕末に流行した写真を基にしたと推測されている
面長の顔や切れ長の目は、幕末に流行した写真を基にしたと推測されている

かすみがうら市出身の新撰組隊士伊東甲子太郎(かしたろう)を支えた人々を追った特別展が、2018年3月4日(日)まで同市歴史博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

坂本竜馬暗殺の3日後、京都の油小路で倒れた甲子太郎の没後150年を記念する同展では、有名な肖像画の讃を書いた本堂家家臣の小川教(きょう)と金澤鎗次郎に着目。「よくぞ新しい時代の礎をつくってくれた」と甲子太郎を激賞した小川は維新後、真壁地方の教育に尽力し、甲子太郎が跡を継いだ江戸の伊東道場で学問と剣術を学んだ鎗次郎を迎え入れた。

鎗次郎は1903(明治36)、産声を上げたばかりの土浦二高初代校長に就任。今回展示されている『茨城教育家評伝』には「教育の金澤と県下に称えられる」と記されている。

そのほか、石岡の鈴木家(甲子太郎の出生名は鈴木大蔵)からこのほど見つかった甲子太郎の位牌や1864年(元治元)新撰組第一次隊士募集で集まった志士の名簿、弟の鈴木三木三郎や妹よし、そして生涯息子の行く末を案じた母古代の手紙などが並ぶ。一般210円、小中生100円。

■問い合わせ
029(896)0017/同館

お問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただければ幸いです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
11月8日(水)
11月9日(木)
11月10日(金)
11月11日(土)
11月12日(日)
11月13日(月)
11月14日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-07-18更新 ]
  1. つくば市在住のアーティストが参加する恒例の「トワイライト音楽祭」が、7月28日(土)研究学園駅前公園で開かれる。
  2. 美浦村文化財センターでは、土器やまが玉を作り縄文人の暮らしに思いをはせる体験講座の参加者を募集している。
  3. カレー料理ナンバー1を競う「土浦C-1グランプリ」受賞店が小学生を対象に開く夏休みカレー教室が開かれるのを前に、つちうらカリー物語事業者部会では参加者を募集している。
  4. 能とオペラが融合した舞台「カーリュー・リバー」が、9月15日(土)つくば市ノバホールで上演される。
  5. 家族で楽しめる「夏のプチキラマーケット」が、7月15日(日)と16日(祝)ABCハウジング土浦住宅公園で行われる。
  6. 「婚活パーティーwithブルーベリー狩り」が、7月29日(日)JA土浦の「ヨリアイ農場」で行われる。
  7. NPO法人茨城YMCAが運営する発達障がい児のための放課後等デイサービス「ひかりの子」では、6〜18歳の利用者を募集している。
  8. 門外不出の技術を村の祭礼に巧みに取り込んだ伝統的な花火が、今年も県南各所で行われる。夜の闇を切り裂く綱火、疫病払いの竜水、からくり人形を用いた仕掛け花火などの技術は、形を変え現在の花火大会に息づいている。8月半ばの「からかさ万灯」を皮切りに、今年も“熱い祭礼”のシーズンを迎える。
  9. ホテルベストランド1階のレストラン「ラ ポルタ」の朝食ビュッフェが、このほどリニューアルした。
  10. 建築家のサポートで希望の家づくりを実現する「分離発注方式」勉強会が、7月21日(土)取手市のシンク設計事務所で開かれる。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. ホテルベストランド1階のレストラン「ラ ポルタ」の朝食ビュッフェが、このほどリニューアルした。
  2. 例年より早めの開花を迎えた約1万2000本のヤマユリを楽しむ催しが、7月22日(日)まで石岡市の茨城県フラワーパークで開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 能とオペラの融合「カーリュー・リバー」
  2. 夏の夜彩る「トワイライト音楽祭」
  3. 親子で参加 夏の縄文体験
  4. 夏休みカレー教室 参加者募集中
  5. 「StyleDesign」つくばスタジオ1周年
掲載案内