茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 第40回特別展『伊東甲子太郎と幕末の同志』

茨城県のイベント情報


地図表示
[ かすみがうら市 ]

第40回特別展『伊東甲子太郎と幕末の同志』


2017年11月11日(土) 〜 2018年3月4日(日)

面長の顔や切れ長の目は、幕末に流行した写真を基にしたと推測されている
面長の顔や切れ長の目は、幕末に流行した写真を基にしたと推測されている

かすみがうら市出身の新撰組隊士伊東甲子太郎(かしたろう)を支えた人々を追った特別展が、2018年3月4日(日)まで同市歴史博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

坂本竜馬暗殺の3日後、京都の油小路で倒れた甲子太郎の没後150年を記念する同展では、有名な肖像画の讃を書いた本堂家家臣の小川教(きょう)と金澤鎗次郎に着目。「よくぞ新しい時代の礎をつくってくれた」と甲子太郎を激賞した小川は維新後、真壁地方の教育に尽力し、甲子太郎が跡を継いだ江戸の伊東道場で学問と剣術を学んだ鎗次郎を迎え入れた。

鎗次郎は1903(明治36)、産声を上げたばかりの土浦二高初代校長に就任。今回展示されている『茨城教育家評伝』には「教育の金澤と県下に称えられる」と記されている。

そのほか、石岡の鈴木家(甲子太郎の出生名は鈴木大蔵)からこのほど見つかった甲子太郎の位牌や1864年(元治元)新撰組第一次隊士募集で集まった志士の名簿、弟の鈴木三木三郎や妹よし、そして生涯息子の行く末を案じた母古代の手紙などが並ぶ。一般210円、小中生100円。

■問い合わせ
029(896)0017/同館

お問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただければ幸いです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
11月8日(水)
11月9日(木)
11月10日(金)
11月11日(土)
11月12日(日)
11月13日(月)
11月14日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-04-20更新 ]
  1. 筑波大学を卒業し、竹細工制作を始めて2年余りの橋本千菜美さんは、身ひとつで歩いた学生時代の貧乏旅行経験も手伝って、安定よりも「自分が好きだと思えることがしたい」と竹細工の世界に飛び込んだ。現在は筑波山麓の農場で働きながら作品を制作。昔に比べ竹細工の需要は激減しているが、地域住民との縁に頼りながら「ミニマムな生活」を楽しんでいる。
  2. 牛久市にある「焼菓子家 泉」は、旬の果物や野菜を使った焼き菓子の店。
  3. 喫茶処あん庵の4周年記念祭が、4月21日(土)と22日(日)に開かれる。
  4. 土浦市東真鍋から2017年同市生田町へ移転したパン工房「T-LAMP」。つくばからも訪れやすくなり、今まで以上にパン好きの支持を集めている。
  5. この時期だけ楽しめる大人気の「オムハヤシ」(サラダ付き1,080円)が、4月14日から登場!
  6. 四季折々で上品かつ優しい味の菓子が並ぶ、創業120年の老舗和菓子店。
  7. 親子でサツマイモ作りを楽しめる「ファミリー農園」が、5月19日(土)と10月13日(土)に土浦市の県立中央青年の家で行われる。
  8. 木漏れ日が降りそそぐ爽やかなフレンチレストラン「樹音」。
  9. 取手市内の古墳にスポットを当てた企画展が、4月22日(日)まで同市埋蔵文化財センターで開かれている。
  10. 落ち着いたフィッティングルームが自慢の眼鏡店「GRAN GLASSES」が、このほどつくば市学園の森にオープンした。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 土浦市東真鍋から2017年同市生田町へ移転したパン工房「T-LAMP」。つくばからも訪れやすくなり、今まで以上にパン好きの支持を集めている。
  2. 牛久市にある「焼菓子家 泉」は、旬の果物や野菜を使った焼き菓子の店。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 昼はバラ園、夜はライブを満喫!
  2. 4月21日と22日、喫茶処あん庵4周年
  3. 土浦、親子でサツマイモ作り
  4. 待ってました!オムハヤシ登場
  5. 創業93年の「原田時計店」
掲載案内