常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > ーうしく菊花公園ー が公開中

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 牛久市 ]

ーうしく菊花公園ー が公開中


2017年10月28日(土) 〜 2017年11月19日(日)

色とりどりの菊が楽しめる公園内(11月8日撮影)
色とりどりの菊が楽しめる公園内(11月8日撮影)

色とりどりの丸い形のクッションマムや江戸時代に創り出された古典菊など約3000株を栽培する「うしく菊花公園」が牛久市女化青年研修所(女化町391-1)敷地内に開園し、訪れる人を楽しませている。

市内在住の園芸研究家上村遙さん(83)や愛好家の有志13人による「うしく菊花公園をつくる会」が、市の花でもある菊に広く親しんでもらおうと開設。4年ほど前から市内の別の場所でクッションマム中心に栽培に励んできたが、今年5月に市から遊休地を借りて拠点を移し、ボランティアの協力も得て一般公開にこぎ着けた。

華やかで見る人の目にぱっと飛び込むようにと多めに植えた黄色の福禄寿をはじめ、「日の丸」をデザインして植えたクッションマムなどが園内を彩る。過去の「うしく菊まつり」で名付けられた上村さん開発スプレー菊や薬用菊などが見られるコーナーも設けている。

「見に来た人たちが『きれい』と喜んでくれるのはうれしいし励みになる」と作る会の男性(72)。家族3人で来園していた美浦村の女性は「見たことのない色や花があってきれいですね」と話していた。来年以降は冬に咲く寒菊を植えたり秋以外の菊も充実させたりして「四季を通して楽しめるようにしたい」と上村さん。11月19日(日)まで午前9時〜午後4時ごろ会員が常駐。詳細はHP。

お問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただければ幸いです。



関連サイト

 



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
10月25日(水)
10月26日(木)
10月27日(金)
10月28日(土)
10月29日(日)
10月30日(月)
10月31日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-06-21更新 ]
  1. アニメキャラなどをラッピングした「痛車」の展示やコスプレ撮影を楽しめる催しが、6月17日(日)下妻市のWaiwaiドームしもつまで開かれる。
  2. 障がい者の労働支援プログラムを提供する「夢実現カンパニー」が、このほどつくば市上郷にオープン。働く意欲があり軽作業がこなせる18歳〜65歳の障がい者(精神・知的)を募集している。
  3. レストラン・ミルフルールでは、開店12周年記念の「周年祭コース」を7月31日(火)まで謝恩価格で提供している。
  4. メロン生産量日本一の鉾田市で50年以上栽培に取り組む深作農園では、完熟メロンを7月下旬まで直売している。
  5. 夏の味覚スイカとメロンを中心に阿見町の魅力を紹介する「まい・あみ・マルシェ」が、7月1日(日)予科練平和記念館ほかで開かれる。
  6. さまざまなボランティアやNPO団体が集合する市民活動フェスタが、6月17日(日)つくばセンター広場で行われる。
  7. 2018年1月に下妻市長塚の鉄工所跡地に英国の街並みを模したギャラリーが完成し、バンドのPVや雑誌のロケ撮影などハウススタジオとしても利用されている。
  8. 龍ケ崎市のカフェダイニング・ケイジーノでは、7月31日(火)までのディナータイムに「夏の夜の特別フェア」を実施している。
  9. 日本を代表する弦楽器の名手が集まる「室内楽名曲コンサート」が、8月17日(金)牛久市中央生涯学習センターで開かれる。
  10. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  2. さまざまな砂について学ぶ小学生向けの催しが、6月23日(土)地質標本館で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. スペシャリテづくしの「周年祭コース」
  2. 8月17日、室内楽名曲コンサート
  3. 帆引き船模型工作教室 参加者募集
  4. つくば市上郷に「夢実現」オープン
  5. 初夏の訪れ、完熟メロン
掲載案内