常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 第20回 陸平縄文ムラまつりを開催!

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 美浦村 ]

第20回 陸平縄文ムラまつりを開催!


2017年10月22日(日)

弓矢体験の様子
弓矢体験の様子

縄文時代の暮らしをテーマに多彩なイベントを行う「陸平(おかだいら)縄文ムラまつり」が、10月22日(日)美浦村の縄文遺跡・陸平貝塚公園(土浦2359)で開かれる。午前10時〜午後2時。雨天中止。

土笛作り、ドングリクッキー作り、火おこし、弓矢などの縄文体験ほか、歌詠みや綿の種取りなどの民俗体験、俚謡(りよう)コンテスト、自然派シンガー葦木啓夏コンサート、安中音頭、陸平音頭などの発表も行われる。

祭りの20周年を記念して、今回新たに「縄文服コンテスト」も開かれる。模擬店に出展する団体が、チロリアン素材などで模様を付け、頭からかぶる「貫頭衣」タイプの縄文服を実際に着用して接客し、来場者からの人気投票も行う。

当日は安中小学校臨時駐車場からの送迎あり。

■問い合わせ
029(886)0291/美浦村文化財センター

お問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただければ幸いです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
10月19日(木)
10月20日(金)
10月21日(土)
10月22日(日)
10月23日(月)
10月24日(火)
10月25日(水)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-06-19更新 ]
  1. 夏の味覚スイカとメロンを中心に阿見町の魅力を紹介する「まい・あみ・マルシェ」が、7月1日(日)予科練平和記念館ほかで開かれる。
  2. 2018年1月に下妻市長塚の鉄工所跡地に英国の街並みを模したギャラリーが完成し、バンドのPVや雑誌のロケ撮影などハウススタジオとしても利用されている。
  3. メロン生産量日本一の鉾田市で50年以上栽培に取り組む深作農園では、完熟メロンを7月下旬まで直売している。
  4. アニメキャラなどをラッピングした「痛車」の展示やコスプレ撮影を楽しめる催しが、6月17日(日)下妻市のWaiwaiドームしもつまで開かれる。
  5. 龍ケ崎市のカフェダイニング・ケイジーノでは、7月31日(火)までのディナータイムに「夏の夜の特別フェア」を実施している。
  6. さまざまなボランティアやNPO団体が集合する市民活動フェスタが、6月17日(日)つくばセンター広場で行われる。
  7. 筑波山周辺でここ数年、イノシシなど「有害鳥獣」による被害が深刻化している。北条米で有名なつくば市の山麓地域では一昨年度の農作物被害が年間3千万円、八郷地区を有する石岡市内では9年前に比べ捕獲数が約18倍と激増。周辺自治体の情報交換や猟友会と市民の連携など、地域一体で問題に取り組む必要性が急務となっている。
  8. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  9. さまざまな砂について学ぶ小学生向けの催しが、6月23日(土)地質標本館で開かれる。
  10. 新鮮野菜が並ぶ朝市が、6月17日(日)常総市の市民の広場で開かれる。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  2. さまざまな砂について学ぶ小学生向けの催しが、6月23日(土)地質標本館で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 初夏の訪れ、完熟メロン
  2. 夏をおいしく楽しく
  3. 下妻・嶋田功さんがギャラリー開所
  4. リビング◆クッキング
  5. 初夏のまい・あみ・マルシェ
掲載案内