常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 国立公文書館つくば分館夏の企画展「おもしろ地獄−地獄はたのしい?−」

茨城県のイベント情報


地図表示
[ つくば市 ]

国立公文書館つくば分館夏の企画展「おもしろ地獄−地獄はたのしい?−」


2017年7月24日(月) 〜 2017年8月31日(木)

明治期に書かれた『暁斎画談』には不景気にあえぐ地獄の様子が描かれている
明治期に書かれた『暁斎画談』には不景気にあえぐ地獄の様子が描かれている

古来、日本人が描いてきた地獄に関する書物や絵巻物などを紹介する企画展が、8月31日(木)まで国立公文書館つくば分館で開かれている。午前9時15分〜午後5時。入館無料。

平安から室町時代の古典を中心に日本人のイメージする「地獄」や死生観などをパネルで展示し、子ども向けの解説文も用意。日本最古の仏教説話集『日本霊異記』では他人のものを欲しがる「偸盗(ちゅうとう)」や、殺生について書かれ、『宝物集』では源氏物語で人心を惑わせたとして紫式部が「嘘つき」の罪に問われている。

また、責め苦に使う鉄製の臼や虎皮の下ばきをぜいたくだとして禁止するなど「地獄の倹約令」をユーモアや皮肉たっぷりに書いた明治時代の『視聴草(みききぐさ)』を展示・解説。一部の資料は原本も展示する。また、期間中は「和綴じ」の体験会も開催される。日曜休館。

■問い合わせ
029(867)1910/同館(つくば市上沢6-6)

お問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただければ幸いです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
7月21日(金)
7月22日(土)
7月23日(日)
7月24日(月)
7月25日(火)
7月26日(水)
7月27日(木)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-01-17更新 ]
  1. 県立中央青年の家の「ぬく森まつり」が、1月28日(日)に開かれる。
  2. 取手市観光協会では、市内の名所や旧跡・季節の風景や催しなどを題材にした「とりで観光フォトコンテスト」の作品を募集している。
  3. 無病息災や豊作を願う小正月の火祭り・どんど焼きが、1月14日(日)つくば市小田の小田城跡歴史ひろばで行われる。午前10時〜午後6時。
  4. 龍ケ崎コロッケや特産品を販売する「第198回まいんバザール」が、1月14日(日)龍ケ崎市上町のにぎわい広場で開かれる。
  5. 鹿島地域の開発から「サッカーのまち」となるまでの歩みを当時の写真などで振り返る企画展が、1月21日(日)まで県立歴史館で開かれている。
  6. 筑波大学発研究成果活用企業の株式会社THFでは、賢く食べて健康的に痩せるスマートダイエット教室を2月2日(金)から計8回実施。
  7. 2017年、県内の高校から初めて日本女子プロ野球機構の入団テストに合格したつくば国際大学東風高校3年の岡田桃香さんが、今春から始まる夢のシーズンに向け年明けから汗を流している。まだまだ男子中心の硬式野球。磨きを掛けてきた得意バッティングを武器に、厳しい世界に挑戦する。
  8. バレンタインカード手作りイベントが、1月27日(土)茨進アビリティアBiViつくば校で開かれる。
  9. 八千代町産の白菜を使ったキムチ鍋の無料試食会が、1月14日(日)牛久市猪子町のポケットファームどきどきつくば牛久店で開かれる。
  10. 早稲田アカデミー個別進学館では、小中高生対象の無料学習相談会を1月31日(水)まで開催している。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 取手市観光協会では、市内の名所や旧跡・季節の風景や催しなどを題材にした「とりで観光フォトコンテスト」の作品を募集している。
  2. 幼少期から女優の夢をひたむきに追い続ける宮崎さやさんは、茨城を舞台にした数々の映画に出演。ふとしたきっかけで入った演技の世界で地域のあたたかさを実感し、今春の高校卒業後は芸能活動に専念。大女優という夢に向け、地元茨城から一歩ずつ歩き出した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 1月28日、県立中央青年の家「ぬく森まつり」
  2. 1月27日、バレンタインカード作り
  3. 冬太り解消!!スマートダイエット教室参加者募集中
  4. リビング◆クッキング
  5. 「野球といえば女子」当たり前に
掲載案内