常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 美浦・陸平縄文ムラまつり ‐俚謡コンテスト参加者募集‐

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 美浦村 ]

美浦・陸平縄文ムラまつり ‐俚謡コンテスト参加者募集‐


2017年10月22日(日)

美浦村文化財センターでは、第20回陸平(おかだいら)縄文ムラまつりで「俚謡(りよう)」コンテストを実施。現在、作品を募集している。

俚謡は時代や社会風刺、日常の喜怒哀楽を七・七・七・五調で詠み(一人1作品)、季語はない。正調俚謡「日和吟社」が審査する。作品は10月22日(日)のまつり会場で展示され、入賞者には賞品が贈られる。氏名と住所、電話番号を明記してはがき、ファクス、メールで送るか、文化財センターへ持参。申し込みは10月7日(土)必着。

送り先〒300-0404 美浦村土浦2359
029(886)0471

■問い合わせ
029(886)0291/文化財センター

お問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただければ幸いです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
10月19日(木)
10月20日(金)
10月21日(土)
10月22日(日)
10月23日(月)
10月24日(火)
10月25日(水)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-12-12更新 ]
  1. 関東・東北豪雨で決壊した常総市三坂地区一帯に完成した堤防の土手を歩くウオーキングイベントが、12月10日(日)に開かれる。
  2. 取手駅西口周辺をキャンドルの明かりで結ぶ「ゆいあかり」が、12月15日(金)行われる。
  3. もうすぐ冬休み。家族や親戚が集まる機会が多いこの時期、祖父母に乳幼児や小さな子どもの面倒を見てもらうこともしばしば。程よい距離感を保ちながら周囲とより良い関係を築こうと開かれた「孫育て講座」から、昔は当たり前だった地域ぐるみの子育てをめぐる「今」を取材した。
  4. 第23回全日本ラート競技選手権大会が12月9日(土)と10日(日)つくばカピオで開かれる。
  5. つくば市小田の宝篋山麓で布教や弱者救済に尽力した鎌倉時代の高僧・忍性の生誕800年を記念する講演会が、12月16日(土)つくば市役所で開かれる。
  6. 取手市藤代地区の八つの保育園・幼稚園の園児が手掛けた工作や絵を飾る「こどもアート広場」が、12月17日(日)までふじしろ図書館で開かれている。
  7. 体験型テーマパークこもれび森のイバライドでは、12月16日(土)と17日(日)クリスマスマーケット「フェルム・ド・ノエル」を開催する。
  8. 木村拓哉やえなりかずきなど、多彩なものまねレパートリーで知られるタレントのホリさんのスペシャルライブが、12月18日(月)ものまね居酒屋歌芸夢者で開かれる。
  9. 茨城県出身の画家・秋山桑人による郷土の偉人を描いた絵巻などの企画展が、12月24日(日)まで坂東市立資料館で開かれている。
  10. 「木綿屋こっとんちゃっく」の冬物ウエアセールが、12月14日(木)からつくば・守谷・水戸の3店で開催される。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. もうすぐ冬休み。家族や親戚が集まる機会が多いこの時期、祖父母に乳幼児や小さな子どもの面倒を見てもらうこともしばしば。程よい距離感を保ちながら周囲とより良い関係を築こうと開かれた「孫育て講座」から、昔は当たり前だった地域ぐるみの子育てをめぐる「今」を取材した。
  2. 体験型テーマパークこもれび森のイバライドでは、12月16日(土)と17日(日)クリスマスマーケット「フェルム・ド・ノエル」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 園児らの力作「こどもアートひろば」
  2. 小田氏と忍性 鎌倉期筑波山麓の仏教
  3. 「婚活パーティーwithハーバリウム作り」
  4. リビング◆クッキング
  5. 12月18日、ホリ・スペシャルライブ
掲載案内